レシピノンストップ

ノンストップ【カジキのパンフライ】笠原将弘シェフレシピ

レシピ

2021年1月18日のフジテレビ系列「ノンストップ」では和食の名店・賛否両論の笠原将弘シェフが【カジキのパンフライ】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。サクサクの食パンを衣にしたカジキフライはアッサリ味。ボリューム満点に変身したカジキを、特製のハチミツ豆板醤つけダレでいただく笠原レシピは必見です。

>>笠原将弘シェフレシピ一覧はこちら

【カジキのパンフライ】笠原将弘シェフレシピ

材料(2人分)

カジキ(切り身)・・・2枚
キャベツ・・・1/2個
塩・こしょう・・・各少し
食パン(6枚切り)・・・2枚
揚げ油・・・適量
レモン(半月切り)・・1/4個

《バッター液》
小麦粉・・・30g
卵・・・1/2個
水・・・大さじ1

《つけダレ》
マヨネーズ・・・大さじ2
ハチミツ・・・大さじ1/2
豆板醤・・・小さじ1

作り方

1.キャベツは千切りにします。

 

2.カジキは水分をふいて塩・こしょうを全体にふって10分ほどおきます。

 

3.食パンは耳を切り落として手で細長く裂きます。

食パン衣でボリュームアップ!

 

4.ボウルに《バッター液》の材料を混ぜ合わせ、②のカジキをくぐらせて③の食パンをふんわりとまぶして衣をつけます。

 

5.170℃の揚げ油に④を入れて3〜4分ほど揚げます。切り落としたパンの耳も素揚げします。

 

6.《つけダレ》の材料を混ぜ合わせておきます。

ハチミツと豆板醤で辛みと甘みと風味が絶妙!
スイートチリソースをイメージして作られたという特製ソースは様々な揚げ物にピッタリです。

 

7.器にキャベツの千切り、⑤のカジキフライ・パンの耳を盛り付けてレモン・⑥のタレを添えたら完成です。

スポンサーリンク

笠原将弘シェフ

笠原将弘シェフは東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」の店主です。

独創的な感性と料理センスで注目され、雑誌やテレビでも多く活躍されています。

「笠原将弘のフライパンひとつ!すぐできるベストレシピ」を始めとし、著書も多く出版されています。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

笠原将弘シェフが教える【カジキのパンフライ】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました