レシピノンストップ

【ノンストップ】新生姜の炊き込みご飯の作り方。笠原将弘レシピ|おかず道場

レシピ

2021年6月14日のフジテレビ系列「ノンストップ」の笠原将弘のおかず道場では【新ショウガの炊き込みご飯】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。新ショウガの香りが食欲をそそる大満足の1品です。

>>笠原将弘シェフレシピ一覧はこちら

【新生姜の炊き込みご飯】笠原将弘シェフレシピ

Course: ノンストップ, レシピCuisine: 和食
Servings

2

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

20

minutes
Calories

300

kcal

爽やかな香りが広がる土鍋で炊き上げたい1品。

 材料

  • 新ショウガ・・・150g

  • 米・・・3合

  • 牛ひき肉・・・300g

  • いんげん・・・6本

  • 油揚げ・・・2枚

  • 《a》
  • 水・・・520ml

  • 酒・・・40ml

  • しょう油・・・40ml

  • 《b》
  • 酒・・・大さじ4

  • しょう油・・・大さじ3

  • 砂糖・・・大さじ2

 作り方

  • 米は洗って30分ほど浸水させたあと、ザルに上げておきます。
  • いんげんはヘタを除いてサッと茹でて小口切りにします。
  • 新ショウガはスプーンで皮をこそぎ、2/3量を千切りにし、サッと洗って水気を切ります。
  • 新ショウガの残りはすりおろします。
  • 油揚げはみじん切りにします。
  • 土鍋に米・油揚げ・千切りにした新ショウガを入れて《a》の材料を注ぎます。
  • フタをして強火しかけ、フタの穴から蒸気が出てきたら中火にして5分炊きます。
  • さらに弱火で15分炊いて火を止めます。
  • フライパンを熱してひき肉を炒め、ほぐれたら《b》の材料とすりおろした新ショウガを加えて汁気がなくなるまで炒めます。
  • 炊きあがった⑧に⑨をのせ、いんげんを散らしたら完成です。

 ポイント

  • この甘酢だれは鶏肉や白身魚などにかけても絶品!
スポンサーリンク

笠原将弘シェフ

笠原将弘シェフは東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」の店主です。

独創的な感性と料理センスで注目され、雑誌やテレビでも多く活躍されています。

「笠原将弘のフライパンひとつ!すぐできるベストレシピ」を始めとし、著書も多く出版されています。

スポンサーリンク

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

笠原将弘シェフが教える【新しょうがの炊き込みご飯】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました