レシピごはんジャパン

【ごはんジャパン】具だくさん味噌汁レシピ |11月20日

レシピ

2021年11月20日のテレビ朝日系列「ごはんジャパン」では和食の名店・御料理ほりうちの堀内さやかシェフが【具だくさんみそ汁】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。プロの味噌汁の技は、ご家庭でも取り入れることができます。

>>ごはんジャパン記事一覧はこちら

具だくさん【味噌汁】レシピ

Course: レシピ, ごはんジャパンCuisine: 和食
Servings

2

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

20

minutes

和食の名店・御料理ほりうちの堀内さやかシェフが教える極上みそ汁レシピ

 材料

  • マイタケ

  • シメジ

  • シイタケ

  • キクラゲ

  • 真鯛

  • ニンジン

  • 里芋

  • 大根

  • 白ネギ

  • 九条ネギ

  • かつおと昆布の合わせ出汁

  • 《出汁》
  • 炙った鯛の骨

  • 昆布

 作り方

  • マイタケは冷凍しておきます。(※1)
  • 真鯛を三枚に下ろし、骨を炙ります。(※2)
  • 鍋に炙った鯛の骨・昆布・水・酒で出汁をとります。
  • 鯛の身は炭火で皮目を炙ってから酒蒸しにします。
  • 別の鍋に かつおと昆布の合わせ出汁・根菜とマイタケ以外のキノコを入れて、60〜70℃の低温でじっくりと加熱します。(※3)
  • 沸騰したら、マイタケを凍ったまま加えます。
  • 具材に火が通ったら③の鯛の骨だしを加えます。
  • 鍋に火を弱めて溶き入れます。(※4)
  • 器に盛り付け、酒蒸しにした真鯛をのせて九条ネギをちらしたら完成です。

プロの技

  • ※1 マイタケは冷凍すると細胞が壊れて うま味成分が染み出しやすくなります。解凍してしまうと水分と共に旨味と香りが抜けてしまうので、凍ったまま使用してください。
  • ※2 うっすらと真鯛の身が残った骨を炙って使うことで、きのこにピッタリの出汁に。
  • ※3 キノコの香りと旨味は60〜70℃の低温で加熱することで引き立ちます。
  • ※4 味噌は火を弱めて溶き入れます。沸騰させて味噌を溶いてしまうと、みそに含まれる香りが飛んでしまいます。
スポンサーリンク

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

絶品【】の作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました