グルメスポットマツコの知らない世界

【マツコの知らない世界】お菓子缶の世界(クッキー缶・アイスケーキ・再利用方法など)バレンタインに!2月7日

グルメスポット

2023年2月7日のTBS系列「マツコの知らない世界」では可愛くて美味しいお菓子缶の世界を3歳から1000缶以上のお菓子缶を集めた主婦の中田ぷうさんが教えてくれたので詳しく紹介します。
食べるのが もったいないほど可愛いクッキー缶やアイスケーキなど贈り物にもオススメな可愛すぎるお菓子缶が勢ぞろいしました。

>>マツコの知らない世界記事一覧はこちら

スポンサーリンク

お菓子缶の世界

ぷうさんイチオシのお菓子缶をラインナップ!

マモン・エ・フィーユ【フレンチビスキュイ】

マモン・エ・フィーユさんは兵庫県神戸市にあるフランス伝統のレシピで作る焼菓子専門店で、連日多くの行列ができる人気店です。

フレンチビスキュイ

フレンチビスキュイのお菓子缶には、マモン・エ・フィーユのオーナーさんがフランスに住んでいたときに気に入っていた昔ながらの幾何学模様がデザインされています。

中にはサイズを選びながら隙間ができないように手作業で詰められたビスキュイがビッシリと入っています。

ビスキュイはバター・小麦粉・砂糖・卵だけを使ったシンプルだからこそシェフの腕が光るという逸品です。

・フレンチビスキュイ缶(2787円)
>>お取り寄せはこちら

ユーハイム【ユーハイム・テーゲベック】

ユーハイムさんは去年 日本出店100周年を迎え、それにともないお菓子缶もリニューアル。

新しい缶にはエンボス加工がされていて、よりクッキーが3D調になって可愛さがアップしています。

ユーハイム・テーゲベック(1944円)
>>公式サイト

敷き詰め美学がすごい!中身も絶品な4品

いちご大福と茶菓のお店 あか【kasand クッキー缶】

学芸大学駅の商店街にあるいちご大福と茶菓のお店 あかさんは1日200個限定の無添加でつくるフワフワないちご大福(390円)が大人気の和菓子店です。

そんな和菓子店が作る敷き詰めの美学が堪能できるお菓子缶がakasand クッキー缶です。

クッキー缶にはいちごの葉っぱが描かれていて、なかにはイチゴジャムが挟まれたクッキーが入っています。

・akasand クッキー缶(4800円)
>>お取り寄せはこちら

ミトラカルナ【ミトラカルナクッキー缶】

実店舗をもたずEC販売や催事でしか手に入らないミトラカルナさんのミトラカルナクッキー缶は、発売と同時に即完してしまう大人気の缶です。

卵・乳製品・白砂糖は不使用で、ハーブなどで味付けをされた少しスパイシーなヴィーガンクッキーがまるでパズルのように敷き詰められています。

・ミトラカルナクッキー缶(5300円)
>>公式サイト

菊廼舎【冨貴寄 特撰缶JPAPAN中缶】

東京銀座にある菊廼舎さんは明治23年創業の老舗和菓子店です。

菊廼舎さんのお菓子缶は冨貴寄 特撰缶JPAPAN中缶は干菓子が中に入っていて、中心に富士山、その周りには四季を表す干菓子が置かれてます。

これは、それぞれのお菓子を詰める担当が決まっていて、順番に手作業でズレないように詰めているのだとか。

・冨貴寄 特撰缶JPAPAN中缶
>>公式サイト

カフェタナカ【ビジュー・ド・グラッセ フリュイルージュ】

カフェタナカさんのビジュー・ド・グラッセ フリュイルージュは、バニラとイチゴのジェラート・スポンジの上に3種のベリーとクリームがのったアイスケーキ缶です。

ジェラート缶はカフェタナカさんで販売されているクッキー缶よりも あえて1cm深く作られているので、ベリーが崩れない状態でフタができるのだそう。

切り分けて食べることもできますが、やっぱり1人で抱えて食べるのがオススメです。

ビジュー・ド・グラッセ フリュイルージュ(4644円)
>>オンラインショップ

2次利用にぴったりな魔法缶

お菓子缶は、その可愛いデザインと丈夫さで再利用しやすいのも人気の理由です。

SNSではお菓子缶をお弁当にする♯カンカン弁当がブームになるなど再利用までがお菓子缶の楽しみ方となっています。

ラ・トリニテーヌ【ガレットパレットクッキー】

ラ・トリニテーヌさんのガレットパレットクッキー(2200円〜)は廃盤品も含めて500種類以上のデザインがあるお菓子缶です。

どれもちょう番缶になっていて、フタが外れないようになっているのでマスク入れやマニキュアなどのネイルケアグッズ、マスキングテープなどの文房具入れに最適なのだそうです。

キャンベル【ショートブレッド缶】

キャンベルショートブレッド缶はお弁当箱にピッタリ!

深さが3.5cmという絶妙な高さで、シュウマイやお弁当カップがピッタリと収まります。

コバトパン工場【コバトスペキュロス缶】

お菓子缶と使用したカンカン弁当の中でも投稿数が多い神缶がコバトパン工場さんのコバトスペキュロス缶です。

食パンを半分に切って作るサンドイッチがシンデレラフィットするのだそう。

・コバトスペキュロス缶(1780円)
>>お取り寄せはこちら

パティスリーアンフルール【ロシアンサブレ缶】

岡山県にあるパティスリーアンフルールさんのロシアンサブレ缶は、イタリアのお菓子「カッサータ」の型として2次利用することができるという1品。

缶に入れたままプレゼントするのもオススメです。

ロシアンサブレ缶(1728円)
>>お取り寄せはこちら

ラ・サブレジエンヌ【扉缶 ラフィーユ】

ラ・サブレジエンヌさんの扉缶 ラフィーユは扉付きの少し変わったお菓子缶。

2次利用として飴やコーヒーポーションなど普段使いの細かいものを入れるのがオススメなのだそうです。

扉缶 ラフィーユ(4698円)
>>お取り寄せはこちら

中田ぷうさん

このお菓子の世界を教えてくれたのは中田ぷうさんです。

まとめ♪

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

バレンタインの贈り物にもオススメなお菓子缶を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

TBS系列「マツコの知らない世界
毎週火曜日(よる8時57分〜)
MC:マツコ・デラックス
お菓子缶の世界:中田ぷうさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました