ラヴィット!グルメスポット

【ラヴィット】軽井沢スイーツ。ぼる塾スイーツ部(BGS)で巡った人気店まとめ。ラビット|8月22日

ラヴィット!

2022年8月22日のTBS系列「ラヴィット」のラビット!ぼる塾の芸能界スイーツ部(BGS)では、軽井沢スイーツ旅をとして軽井沢の知る人ぞ知る大人気スイーツを食べつくしていたので、ぼる塾の3人が巡った名店を詳しく紹介します。

>>ラヴィット記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ぼる塾の芸能界スイーツ部(BGS)軽井沢スイーツの旅まとめ

年間約560万人もの観光客が訪れる長野県の軽井沢には約130のスイーツ店が軒を連ねるスイーツ激戦区です。

森に囲まれたお店や、地元の果物をつかった絶品スイーツが食べられるお店が数多くあります。

スポンサーリンク

tarte K

軽井沢駅から徒歩15分のところにあるtarte K(タルト ケイ)さんは、田辺さんが どうしても行きたかったというタルト専門店です。

地元産の食材にこだわり、オーナーさん自ら1つ1つ丁寧に手作りされるタルトは雑誌でも紹介される大人気スイーツです。

旬のフルーツを使用した7種類のタルトのなかでも、お店のイチオシというのがタルト・オ・ヴァン・キュイ!

タルト・オ・ヴァン・キュイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

tarte K(@karuizawa_tarte_k)がシェアした投稿

タルト・オ・ヴァン・キュイは、開店数時間で売り切れてしまう看板メニューです。

地元の信州リンゴジュースを6時間じっくりと煮詰めて作る超濃厚なりんごソースの「レジネ」を生クリーム・卵・粗糖と混ぜ合わせてタルト生地に流し込み焼き上げたリンゴの旨味が凝縮されたタルトです。

看板メニュー!! タルト・オ・ヴァン・キュイ(630円)
・桃のタルト(850円)
・ブルーベリーのタルト(850円)
>>食べログで詳細をみる
スポンサーリンク

APPLE PIE lab

APPLE PIE lab 軽井沢さんは 今年3月にオープンしたばかり!

シャキシャキの信州りんごをふんだんに使用したアップルパイを始め、シャインマスカットやミックスベリー、オレンジなど旬のフルーツを使った5種類のパイが大人気のお店です。

信州りんご

信州りんごのパイは国産の砂糖で煮詰めた信州りんごを1つのホールに約4個分も使ったリンゴの旨味をたっぷりと味わえる絶品スイーツです。

りんごカスタードパイ

りんごカスタードパイは、バニラビーンズがたっぷりと入った特製の冷たいカスタードクリームを注文を受けてから後入れしてくれます。

選りすぐりの信州りんごを閉じ込めた温かいパイと冷たいカスタードが同時に味わえる新感覚のスイーツです。

田辺さんチョイス!! 信州りんご(550円)
あんりさん&はるかさんチョイス!! りんごカスタードパイ(500円)
>>食べログで詳細をみる

浅間 翁

浅間 翁さんは、軽井沢の蕎麦店の中で食べログ軽井沢そばランキング トップ3に入る名店です。

店主が1人でこだわりの打ち立て蕎麦を提供するため営業時間は午前11時〜午後2時までの3時間のみとなっています。

地元の契約農家さんから仕入れた蕎麦の実を店主自ら石臼で製粉し、毎朝店内でそば打ちし つるりとした喉越しの二八蕎麦に仕上げています。

▼蕎麦好きで有名なDEENの池森秀一さんも訪問されています

田辺さん&はるかさんチョイス!! 鴨ざる(1420円)
あんりさんチョイス!! 天ざる(1590円)
>>食べログで詳細をみる

おすすめ観光スポット

雲場池

雲場池は水面に空や木が映る映える写真が撮影できるとSNSで話題のスポットです。

軽井沢から徒歩20分ほどで行くことができます。

▼前回のBGSは注目のひんやりスイーツ

【ラヴィット】ひんやりスイーツ ぼる塾スイーツ部で巡った人気店まとめ。ラビット|6月27日
2022年6月27日のTBS系列「ラヴィット」のラビット!ぼる塾の芸能界スイーツ部(BGS)ではこの夏大注目の絶品ひんやりスイーツを食べつくしていたので、ぼる塾の3人が巡った話題のひんやりスイーツが堪能できる名店を詳しく紹介します。 かき...

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

ぼる塾芸能界スイーツ部にて巡った軽井沢の大人気スイーツが堪能できる名店を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサーリンク
・TBS「ラヴィット
・毎週 月曜日〜金曜日(あさ8:00〜9:55)
・MC:川島明(麒麟)・田村真子(TBSアナウンサー)
・月曜レギュラー:馬場裕之(ロバート)、ぼる塾(きりやはるか・あんり・田辺智加)、本並健治、丸山桂里奈
・月曜ラヴィットファミリー:牧野真莉愛(モーニング娘。’22)
・スタジオゲスト:伊沢拓也、おいでやす小田

コメント

タイトルとURLをコピーしました