レシピヒルナンデス

【ヒルナンデス】メロの煮付けレシピ 割烹 雅の大将直伝!9月14日

レシピ

2021年9月14日の日本テレビ系列「ヒルナンデス」の街の名店の味学ンデス!ではオリンピック選手の競泳・大橋悠依選手が愛する名店「割烹 雅」さんの大将が【メロ(銀むつ)の煮付け】の作り方を佐藤栞里さんとチョコプラ・松尾駿さんが学んでいたので詳しく紹介します。ホロホロのメロの煮付けは大橋悠依さんがオリンピック前に食べられたのだそう。白身魚をホロホロに仕上げるコツは必見!銀だらに変更してもOKです。

>>ヒルナンデス記事一覧はこちら

【メロ(銀むつ)の煮付け】割烹 雅の大将直伝レシピ

Course: レシピ, ヒルナンデスCuisine: 和食
Servings

5

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

20

minutes

競泳・大橋悠依選手が愛する割烹 雅の大将直伝レシピ!

 材料(4〜5人分)

  • メロ(銀ダラでもOK)

  • ゴボウ・・・適量

  • 酒・・・180ml

  • 砂糖・・・200g

  • しょう油・・・180ml

  • 山椒・・・適量

  • みりん・・・40ml

  • しぼりショウガ・・・適量

  • 白髪ネギ・・・適量

 作り方

  • ごぼうは皮をむいて叩き、味を染み込みやすくさせたあと 4cm幅に切ります。(※1)
  • メロの下処理をします。
  • 沸騰したお湯に10秒通してから氷水に入れて鱗をとります。(※2)
  • 鍋にメロの皮目を下にして入れ、ゴボウ・メロが浸かるくらいの水・酒を加えます。(※3)
  • 落とし蓋をして強火で10分ほど煮込み、アクを取り除きます。(※4)
  • 砂糖を入れて強火で10分ほど煮込みます。
  • 醤油を入れ、強火で10分ほど煮込みます。
  • 山椒・みりん・しぼりショウガを入れて、中火でとろみが出るまで煮込みます。(※5)
  • 器に盛り付けて、白髪ネギを添えたら完成です。

 ポイント

  • 煮込むときは落し蓋をして強火で!
  • ※1 ゴボウと一緒に魚を煮ることで臭みとりに!
  • ※2 熱湯に湯引きすることで鱗が取れやすくなります。
    鱗をとることで食感がよくなり、皮まで美味しく食べられます。
  • ※3 魚の皮目を下にして入れることで煮崩れしにくくなります。
  • ※4 強火でアクを出すことで臭みがなくなります。
  • ※5 山椒を入れることで味がしまり、臭みがなくなります。
スポンサーリンク

▼同日に紹介された割烹 雅さんの肉じゃがレシピ

割烹 雅

このレシピを教えてくれたのは割烹 雅さんです。

板橋本町で創業25年を迎える名店で、素材の味を生かしたコース料理が中心の上品な和食が味わえる割烹料理のお店です。

食べログで詳細をみる

▼前回は野方食堂さんの和定食を学んでいました

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

オリンピック競泳・大橋悠依選手が愛する名店・割烹 雅さんの大将直伝【肉じゃが】の作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました