レシピ グルメ あさイチ

あさイチ【吉田のうどん&すりだね】の作り方。究極レシピ

レシピ

2020年9月10日のあさイチでは山梨県の富士山の麓で愛されているという【吉田のうどん】と【すりだね】の究極レシピを紹介していました。
吉田のうどんは日本一硬いコシと極太麺が特徴!
しょう油みそスープに馬肉やキャベツのトッピング、さらに「すりだね」という山椒やトウガラシ・ごまを合わせた辛味調味料を加えていただく、食べれば食べるほどクセになる1品です。
今回は吉田のうどんと、基本のすりだねの作り方をまとめます。

↪↪あさイチのその他の記事一覧はコチラ

【吉田のうどん】究極レシピ

材料(4人分)

中力粉・・・500g
水・・・200ml
塩・・・10g
片栗粉・・・適量

作り方

1.塩と水を合わせて塩水を作ります。

 

2.中力粉のなかに①の塩水を加えて 軽くかき混ぜて水分がいきわたるようにします。

 

3.ある程度かき混ぜたらビニール袋のなかに入れます。

ここまででは粉っぽさが残っていてOK!

 

4.色んな角度でまんべんなく足踏みをします。

途中で折り返すとムラなく踏めます。
大人は500回・子どもは750回が目安です。

 

5.白い部分がなくなり、シットリとなめらかになるまで踏んだら、冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。

寝かせることで麺がモチモチします。

 

6.寝かせた⑤に打ち粉をし、めん棒で5mm厚さになるまでのばします。

ラップの芯でも伸ばすことができます。

 

7.⑥の生地を巻きつけるようにして三つ折りにし、包丁で太めに切ります。

 

8.沸騰したお湯で15分茹でたら、冷水でしめます。

 

9.器に盛り付け、キャベツ・ネギなどをトッピングしてスープをかけたら完成です。ぜひすりだねをかけて召し上がってください。

中力粉がない場合は薄力粉(200g)+強力粉(300g)でも代用可能です。
スポンサーリンク

すりだねレシピ

すりだねは冷奴・豚丼・ステーキ・みそ汁・コロッケなど何にでも合う万能調味料です。

冷蔵庫に入れておけば半年ほど保つそうです。

材料

ごま油・・・25ml
七味・・・10g
一味・・10g
みそ・・・10g
酒・・・少々

作り方

1.酒と味噌を混ぜ合わせておきます。

 

2.熱したフライパンで七味と一味を30秒ほど乾煎りします。

辛いのが苦手なかたは、一味を加えずに七味の量を2倍にして作ってください。

 

3.②に①を加えて混ぜ合わせながら炒めます。

 

4.全体になじんだら、160℃に熱したごま油を加えて炒め合わせたら完成です。

グルメちゃん
グルメちゃん

お好みでニンニク・山椒・砂糖などを入れるとさらに深みが出るそうです。

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

山梨県の富士山の麓で愛されている吉田のうどんの究極レシピ、うどんを打つのは難しそう・・・と思いきや意外にも簡単にできるそう。

足踏みするときはお子さんと一緒に楽しんでも良さそうですよね。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました