レシピ ノンストップ

ノンストップ【塩鮭のちゃんちゃん蒸し】笠原将弘シェフレシピ

レシピ

2020年11月16日のフジテレビ系列「ノンストップ」のおかず道場では賛否両論の店主・笠原将弘シェフが【塩鮭のちゃんちゃん焼き】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。野菜と一緒に鮭を蒸し焼きにすることでふっくらと仕上がっています。つけダレとして旬のリンゴを使用したりんごダレも絶品ですよ。さらに大人気の笠原の眼では部位によって違う鮭の使い方を教えてくれました。

【塩鮭のちゃんちゃん蒸し】笠原将弘シェフレシピ

材料(2人分)

鮭(甘塩・切り身)・・・2切れ
リンゴ・・・1/2個
キャベツ・・・1/8個
もやし・・・1/2袋
シイタケ・・・2枚
万能ねぎ・・・2本
粗びき黒こしょう・・・少し

《リンゴダレ》
卵黄・・・1個分
みそ・・・50g
酢・・・大さじ1
ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1/2

《a》
水・・・200ml
酒・・・50ml
ごま油・・・大さじ1

作り方

1.リンゴは皮ごとすりおろして《リンゴダレ》の材料と混ぜ合わせます。

すりおろしリンゴでサッパリ甘味ダレに!
リンゴの自然な甘さが鮭の塩味と相性バツグンです。
このリンゴダレは焼いたお肉やトンカツなどにもピッタリです。

 

2.キャベツはざく切りにし、もやしはヒゲ根を取り除きます。

 

3.シイタケは軸を除いて薄切りにし、万能ねぎは小口切りにします。

 

4.フライパンに切ったキャベツ・もやし・シイタケを敷きつめて水気を拭き取った鮭を並べてのせます。

 

5.④に《b》の材料を回しかけて中火にかけて、煮立ったら弱火にしてフタをして10分ほど蒸し煮にします。

ごま油は鮭にかけるように加えることで調味料としてコクがアップします。
フタをアルコールが飛ぶまでせずに煮立てます。

 

6.蒸しあがったら万能ねぎを散らしてコショウをふって、①のリンゴダレを添えたら完成です。

野菜はキャベツのほかに白菜など鍋に使うような野菜なら何でも合うそうです。
スポンサーリンク

笠原の眼:鮭の切り身の使い方

鮭の切り身は、料理によって部位を変えるのがオススメです。

頭に近い方(お腹側が白っぽく薄くなっている)の切り身は脂がシッカリとのっていてジューシーです。

なので、焼き鮭など熱々の料理にむいています。

 

しっぽに近い方の切り身は、肉質がシッカリとしていてうまがつまっていて食べごたえのある部位です。

小骨も少ないため、焼いてほぐしておにぎりの具材や揚げ物にするのがオススメです。

グルメちゃん
グルメちゃん

このシッポに近い部位は冷めても美味しいそうです。

スポンサーリンク

笠原将弘シェフ

笠原将弘シェフは東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」の店主です。

独創的な感性と料理センスで注目され、雑誌やテレビでも多く活躍されています。

「笠原将弘のフライパンひとつ!すぐできるベストレシピ」を始めとし、著書も多く出版されています。

>>笠原将弘シェフレシピ記事一覧はこちら

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

笠原将弘シェフが提案する【塩鮭のちゃんちゃん蒸し】の作り方でした。

野菜にのせてから蒸すことでシットリとした鮭に、鮭のうま味が移った野菜とうま味の相乗効果が生まれます。

一緒に添えていただくリンゴダレでうま味アップ!

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました