ハナタカ優越館!

ハナタカ|おもいのフライパン開発会社が教えるフライパンの選び方と肉の焼き方

ハナタカ優越館!

2020年11月26日のテレビ朝日系列「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ 優越感!」では13年かけて開発し最大3年待ちになった「おもいのフライパン」を開発した会社・石川鋳造株式会社さんがフライパンの選び方やお肉を焼く方法を教えてくれたので詳しく紹介します。

おもいのフライパン

愛知県碧南市にある石川鋳造株式会社さんが開発されたおもいのフライパンは、13年かけて開発されました。

世界で1番お肉が美味しく焼けるという このおもいのフライパンは、販売から納品まで最大3年待ちになったそうです。

普通のフライパンとの違い

おもいのフライパンは、肉を入れるときにも温度が下がらずに香ばしい香りも上手につけることができます。

なかでも最大の特徴がコーティングされていないこと!

一般的なフライパンはダイヤモンドコーティングやテフロン加工などがされていますが、この加工は使っていくと剥がれてしまいます。

しかし、おもいのフライパンは無塗装なので一生使うことができるんです。

生活ちゃん
生活ちゃん

一般的なフライパンは使い勝手を求めますが、おもいのフライパンは味を求めているからこそ作られた逸品!
鋳物は熱伝導がよく蓄熱性が高いため肉が美味しく焼けるんです。

 

肉が美味しく焼けるフライパンの選び方

おもいのフライパンを開発された石川鋳造株式会社さんがお肉が美味しく焼けるフライパンの選び方を教えてくれました。

選ぶのは、厚さのあるフライパンだとか!

厚みがある方がお肉を乗せても熱を下げないまま焼くことができます。

 

美味しい肉の焼き方

続けて、石川鋳造株式会社さんはお肉を焼くときにやって欲しい ひと手間も教えてくれました。

冷凍のお肉は冷蔵で1日ほどかけて冷蔵庫でゆっくりと解凍するのがオススメなのですが、なによりも お肉を焼く前には 常温に戻しておくことが大切です。

常温にしておくことで、お肉の外側と内側の温度が同じになります。
冷たいままだと中と外が均一に焼くことができません。

石川鋳造株式会の石川社長

石川鋳造株式会社の社長である石川鋼逸さんは、幼少期からお肉が大好きだったそう。

肉好きの石川社長は全国のお肉屋さん協力のもと、10800円で月1回 オススメのお肉が届くというお肉のサブスクなども行ったり、肉を焼くYouTubeチャンネルを開設されています。

エンタメちゃん
エンタメちゃん

おもいのフライパンのお手入れ方法もYouTubeにアップされています

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました