SHOWチャンネルグルメスポット

SHOWチャンネル|田中圭の和菓子買い出し京都ツアー【どら焼き・スライスようかん・嘯月・宵花火】

SHOWチャンネル

2021年4月10日の日本テレビ系列「1億3000万人のSHOWチャンネル」では俳優の田中圭さんが大好きだという和菓子を求めて京都を買い出しに巡っていたので、詳しく紹介します。

>>1億3000万人のSHOWチャンネル記事一覧はこちら

田中圭さんの和菓子買い出し京都ツアー

本を出版するほどの和菓子好きな田中圭さんが伝説の和菓子を求めて京都へ!

スポンサーリンク

笹屋伊織【どら焼き】

創業1716年の笹屋伊織さんは京都の菓匠会で3番めに古い京菓子司。

田中圭さんが こちらの笹屋伊織さんで買い出しをしたのは【どら焼き】!

銅鑼の上で焼いたことが由来とされているどら焼きは、200℃の鉄板のうえで薄く伸ばして焼いた生地に棒状にした甘さ控えめのこし餡をのせ、クルクルと巻いて作られています。

グルメちゃん
グルメちゃん

江戸時代に東寺のお坊さんの副食として作られたので卵が入っていないのだそうです。

こちらのどら焼きは大量に作ることができないため、毎月20日〜22日の3日間の限定販売となっています。
が、現在4月22日まで特別販売を行っているそうです。
詳細はこちら>>笹屋伊織さん公式サイト

スポンサーリンク

亀屋良長【スライスようかん】

創業1803年の老舗・亀屋良長さんの【スライスようかん】は女将のアイデア1つで羊羮の売り上げが500倍になったそうです。

パンにスライスようかんをのせ、トースターで羊羮がグツグツとなるまで焼いていただきます。

あんこをパンに塗るのが面倒だった主婦的な女将の発想から生まれたスライスようかんは、パンとの相性の良さとトースターで底まで焼ける厚みを考えて2.5mmの薄さにされています。

薄くしても風味が消えないようにペースト状にされたつぶあんが入っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀屋良長(@kameyayoshinaga)がシェアした投稿

グルメちゃん
グルメちゃん

なんと、機械で切ることができないため職人さんが手作業でスライスされています。

嘯月

嘯月さんは創業1916年の京都 和菓子会の最高峰!

メニューはなく、完全予約制で その日の店主のオススメをいただきます。

嘯月さんの和菓子の特徴は餡。

蜜抜きという独自の手法で作られた餡は驚くほど軽く爽やかな味わいです。

エンタメちゃん
エンタメちゃん

調理工程も店内の撮影もNGという条件付きで今回田中圭さんは特別に取材されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鮫島彩(@aya_sameshima)がシェアした投稿

三納寛之さん【宵花火】

三納寛之さんは店舗を持たずにSNSで発信されているフリーの和菓子職人さんです。

三納さんのTwitterにて発表した【宵花火】は8万いいねがついて話題となっています。

田中圭さん

じつは田中圭さんは本を出版するほどの和菓子好き。

9割は和菓子で出来ているといっても過言ではないだそう。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

田中圭さんが伝説の和菓子を求めて巡った京都ツアーを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました