ハナタカ優越館!レシピ

ハナタカ優越館|大掃除術【換気扇の油汚れにはこそげ落とし棒・エアコンのフィルター・窓ふき方法】茂木和哉テクニック!

ハナタカ優越館!

2020年12月24日のテレビ朝日系列「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーハナタカ!優越館」では大ヒット洗剤「茂木和哉」の生みの親・茂木和哉さんが大掃除に役立つ掃除術を教えてくれたので詳しく紹介します。

>>ハナタカ!優越館の記事一覧はこちら

換気扇の油汚れには重曹をプラス!

換気扇は側面部分とフィルター、さらにファンの掃除をするようにします。

生活ちゃん
生活ちゃん

ファンはネジを外すだけで簡単に外すことができます。

【こそげ落とし棒】の作り方

換気扇のファンなどの油汚れは隙間に入り込み、とても取りづらいものです。

そこで、割り箸とペットボトルをつかって簡単に掃除する方法をつかってみましょう!

材料

割り箸
ペットボトル
ハサミ

作り方

1.ペットボトルを小さく切断します。

 

2.割り箸の先端に①をつけてテープで固定します。

こそげ落とし棒ならファンの隙間の油汚れのかき出しが簡単に行なえます。

ファンはお湯と食器用洗剤(中性)を混ぜて30分つけ置きしたあと、L字に曲げた歯ブラシを使用すると便利です。

L字歯ブラシは使い古しの歯ブラシを熱湯につけて温めれば曲げることができます。
※ヤケドに気をつけてください。
スポンサーリンク

換気扇のフィルターの掃除方法

換気扇のフィルターもつけ置きすればキレイになります。

段ボールに厚手のポリ袋をセットしてお湯と食器用洗剤(中性)を混ぜて袋をしめて段ボールにを閉じて1時間以上つけ置きしちゃいましょう。

保温効果が持続して汚れが落ちやすくなります。

あとは歯ブラシで汚れを落として水ですすいで乾かせば完了です。

生活ちゃん
生活ちゃん

つけ置きするときに、コンロの五徳なども入れると一気に汚れが落ちて便利です。

エアコンフィルターの掃除方法

エアコンのフィルターには酸素系漂白剤をお湯に溶かして使うのがオススメ!

酸素の泡が汚れを分解してくれます。

お湯で溶かした酸素系漂白剤に、フィルターを入れてジャブジャブするだけで汚れが落ちちゃいます。

茂木和哉流!窓ふき方法はお湯を使う!

窓ふきは、水拭きではなくお湯拭きがオススメ!

皮脂汚れも油なので熱に弱いため、汚れがよく落ちるのだそうです。

お湯拭きしたあとは、すぐにから拭きをしてください。

お湯が乾いてしまうと、汚れが再付着してしまいます。

お風呂掃除は天井掃除は絶対!

お風呂場の掃除は天井を行っておくと、来年の普段のお風呂掃除がグッとラクになります。

天井に繁殖したカビ菌の胞子が降り注ぎ全体のカビの原因となってしまいます。

天井の掃除方法

1.塩素系漂白剤を水で薄めます。

 

2.①を使用して拭き掃除を行います。

 

3.仕上げに防カビ燻製剤をたくと より良いのだそうです。

生活ちゃん
生活ちゃん

ちなみに、塩素系漂白剤は半年以上経ってしまったものは未開封でも成分がとんでしまって効果が薄まってしまうのだとか。

 

▼大掃除テクニックはこちらも!

あさイチ|大掃除方法【玄関の染み・網戸窓の汚れ&カビ・サッシの溝・キッチンの油汚れ】ピカピカ術!
2020年12月22日のあさイチではハウスクリーニング技能士の国家資格をもつ尾崎さんがキッチンの油汚れや玄関の染み、網戸や汚れにカビ、サッシの溝のキレイな掃除方法を教えてくれたので詳しく紹介します。キッチン汚れにはアルカリ電解水、玄関のシミ...
ZIP|掃除術|窓拭き・取っ手・サビ・時計までピカピカ!テクニック【アルカリ電解水・塩レモンなど】
2020年12月15日の日本テレビ系列「ZIP」の解決!King&Princeではキンプリの神宮寺勇太さんが細かな部分のお掃除テクニックを教えてくれたので詳しく紹介します。大掃除に役立つピカピカ掃除術が炸裂しています。 >&gt...
土曜は何する|簡単お掃除方法を100均アイテムで!どきどきキャンプ・佐藤さんが伝授【浴室の鏡・エアコン掃除・リビングなど!】
2020年10月24日の土曜はナニする!?の10分ティーチャーではお笑い芸人のどきどきキャンプ・佐藤満春さんが100均アイテムで簡単に行うことができる掃除術を伝授してくれたので詳しく紹介します。 100均一アイテムで簡単掃除術:浴室編 ...
ヒルナンデス|小森隼さんが大掃除!トースター・鏡のウロコ・ペットの毛掃除方法
2020年11月30日の日本テレビ系列「ヒルナンデス」では小森隼さんがお笑い芸人のキンタロー。さんのお宅にて、大掃除に役立つ掃除方法を教えてくれたので詳しく紹介します。 小森隼さんがキンタロー。さんのお宅で大掃除! 冷蔵庫の汚れには...

>>ハナタカ!優越館の記事一覧はこちら

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

大ヒット洗剤の生みの親・茂木和哉さんが教える年末年始に役立つ掃除術でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

  1. 閲覧者 より:

    「ちなみに、塩素系漂白剤は半年以上経ってしまったものは未開封でも成分がとんでしまって効果が薄まってしまうのだとか。」と書かれてありますが、この「塩素系漂白剤」というのは、花王(株)の「ハイター」やカネヨ石鹸(株)の「ブリーチ」などのような次亜塩素酸ナトリウムを成分としたものを指していると思われますが、「未開封でも成分がとんでしまって効果が薄まってしまう」というのは、どういう理由によることなのでしょうか?成分がとんでしまう原因です。
    自分もあの番組は見たのですが、よくおぼえていないのでおしえてください。

    • 冬子冬子 より:

      閲覧者様、コメントありがとうございます。
      塩素系漂白剤についての「未開封でも成分がとんでしまって効果が薄まってしまう」という理由ですが、番組では効果が薄まる明白な理由については述べられていませんでした。
      しかし こちらについて詳しく調べさせていただいたところ、次亜塩素酸ナトリウムは長持ちはしますが温度や直射日光によって経時変化を起こすため有効塩素濃度が下がってしまう成分であることが分かりました。
      時間の経過とともに徐々に効力が低下していくことを理由として番組で効果が薄まると紹介されたのではないかと思われます。

      半年とは あくまで効力が高い状態にあるということで、使用期限は各メーカー様で違うとは思いますが3年ほどあります。
      しかし、メーカー様も古い製品の使用は推奨されていないようです。
      ※正しい保存方法や使用期限などの詳細は各メーカー様にお問い合わせください。

      以上 番組で紹介された専門家のお答えではなく申し訳ありませんが、ご参考にしていただけると幸いです。

      • 閲覧者 より:

        御返答ありがとうございます。メーカーさんは新しいものと交換してくれるとは言ってくれたのですが、自分が購入した商品が大容量なので、これを使いきるのは1年以上かかるので、その間にどんどん塩素が抜けて濃度が下がってしまうのではないかと案じています。消費期限は3年とはいえ、この前は購入して2か月も経たないうちに臭いが急に弱くなったので、かなり抜けたのでしょう。フタは開けっ放しってことはなく普通の使い方をしたつもりなのですが…。買い溜めしたのが失敗でした。コロナ禍で消毒用の製品が全体的に品薄になっていたので、塩素系漂白剤も品切れになるかもしれないと思って買い溜め、それもハイターの中で容量が最も多い5kgの製品を3本も買ってしまったのです。
        ところで、塩素系漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムではなく次亜塩素酸水を主成分とする製品も含まれるのでしょうか?自分で調べた感じでは塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした製品を指しているようですが、最近は次亜塩素酸水の製品もネット通販などで売れているようなので、もしやと思ったのです。もし次亜塩素酸ナトリウムの製品だけが塩素系漂白剤なら、「ハナタカ」でフタを締めていても抜けるといっていたのはハイターとかカビキラーのことだったはずです。次亜塩素酸水は紫外線にあたるなどで一挙に濃度が下がるようですが、次亜塩素酸ナトリウムは保管にもすぐれ、そう簡単には濃度が下がらないはずなのです。なので、「ハナタカ」での情報は間違っているのかも…と思い始めています。テレビ番組のしかもクイズ番組とは言えしょせんバラエティー番組なので、そんなに厳密ではないのかもしれませんね。テレビ局にも問い合わせてみます。

        • 冬子冬子 より:

          閲覧者様、コメントありがとうございます。
          コロナ禍による消毒用品からマスクに至る全てにおいての品薄状態は予測が全くたたず、ほんとうに大変な思いをしましたよね。
          お気持ちよく分かります。

          ご質問の次亜塩素酸ナトリウムについてですが、再び調べさせていただいたところ、ハナタカに出演されていた茂木和哉さんが保管について書かれている記事がありました。
          塩素系漂白剤とカビ取り剤は鮮度が命
          こちらがハナタカにて言われていたことと酷似しているため、番組で言っていたのは次亜塩素酸ナトリウムのお話ではないかと思われます。
          花王さんではハイターで消毒液を作るさいの希釈率表があり、購入から3ヶ月以上を経過したら そこから購入からの経過期間によって少しずつ濃度を濃くして消毒液を作るそうです。
          閲覧者様のおっしゃる通り保管にすぐれている容器に入っていますので、一気に濃度が下がるというよりは、時間とともに徐々に濃度が薄まっていき3年以上経過する頃には効果を持たなくなるという意味で茂木さんはおっしゃられたのではないかと思います。
          しかし、この見解は専門家ではない私のものとなります。
          ぜひとも正しい使用方法や安全性、使用上の注意などについてはメーカーのほうにお問い合わせいただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました