レシピ グルメ

スッキリ|水卜アナが挑戦!麻婆豆腐レシピ。黄金比率でミシュランの味に!

レシピ

2020年5月26日のスッキリでは、水卜麻美アナウンサーがミシュランの麻婆豆腐作りに挑戦していました。

水卜麻美アナウンサーが挑戦する麻婆豆腐レシピ【スッキリ】

スーパーの食材だけで作れる究極の麻婆豆腐が30分程度で作れます。

食材・調味料の分量・食感が全て黄金比率で計算し尽くされています!

材料(2人分)

牛肉(焼肉用)・・・100g
木綿豆腐・・・1丁
ショウガ(みじん切り)・・・20g
ニンニク(みじん切り)・・・20g
万能ねぎ・・・20g
豆板醤・・・20g
ラー油・・・30cc
サラダ油・・・30cc
ごま油・・・30cc
納豆・・・30g
粉山椒・・・お好みで

《a》
テンメンジャン・・・・30g
しょう油・・・30cc
紹興酒(または料理酒)・・・30cc
顆粒チキンスープ・・・5g
水・・・200cc

《水溶き片栗粉》
片栗粉・・・15g
水・・・15g

作り方

1.万能ねぎは2cmに切ります。

 

2.牛肉は元々の厚さを目安に、粗く刻みます。

牛肉を入れることで、うま味と食感が格段に違います。
部位はハラミやロース・ヒレなどがオススメで、バラやモモなどは食感が変わってしまうのでオススメしません。

 

3.木綿豆腐は1.5cm角に切り、湯を沸かした鍋に入れて ひと煮立ちして水気をきります。

食感を残せるように木綿を使用するのがオススメ!
下茹ですることで 豆腐の無駄な水分を抜き、煮崩れしにくく味が染み込みやすくなります。

 

4.納豆は臭いを抑えるため 水洗いをしてヌメリを落とします。

納豆は豆鼓の代わりです。
本場の中国の麻婆豆腐には黒豆を発酵させた豆鼓が欠かせませんが、身近では手が入りにくので同じ豆の発酵食品・納豆で代用します。

 

5.《a》の材料は混ぜ合わせておきます。

 

6.熱した鍋にサラダ油・ショウガ・ニンニク・豆板醤・納豆を入れ弱火で香りが出るまで じっくりと炒めます。

 

7.香りがたってきたら、牛肉を入れて肉の色が変わるまで炒めます。

トウバンジャンやニンニクが焦げないように、牛肉を入れても弱火をキープします。

 

8.⑦に⑤で混ぜ合わせてた合わせ調味料を加え、強火にして混ぜ合わせます。

紹興酒のアルコールを飛ばすイメージで沸かします。

 

9.⑧がグツグツと沸いてきたら豆腐を入れて、お玉の背で押すように混ぜ合わせます。

お玉の背で押すように混ぜます。反対側で混ぜると豆腐が崩れてしまいます。

 

10.⑨が沸いたら万能ねぎを加え、混ぜ合わせたら火を止めます。

 

11.《水溶き片栗粉》を少しずつ投入し、混ぜ合わせます。

 

12.再び火を点け強火にして とろみがつき水溶き片栗粉の水分が飛んだら、ごま油・ラー油を加えて豆腐を焼くようなイメージで火を通します。

 

13.器に盛り付け お好みで粉山椒を振って完成です。

教えてくれたのはO2の大津光太郎シェフ

この究極の麻婆豆腐を教えてくれたのは中国料理店のO2の大津光太郎シェフです。

中華料理の名店で15年間修行した後、2018年に独立されO2オープン。

すると、わずか2年でミシュランガイドに掲載され名店の仲間入りをされました。

多国籍の食材を組み合わせ、中国料理に落とし込むのが大津光太郎シェフの料理の特徴です。

さいごに♪

ミシュランの麻婆豆腐の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました