エンタメ グルメ グルメスポット 旅行

バルセロナのスペイン料理巡り!バルのタパス・ピンチョスからパエリア、カタルーニャグルメまで全まとめ。【男子ごはん】

エンタメ

2020年1月5日の男子ごはん お正月スペシャルでは、スペイン・バルセロナでスペイン料理を食べて学んでいました。

居酒屋バルで頂くタパスや本場のパエリア、カタルーニャ料理を堪能していました。
スペイン旅行のヒント、さらにはお家で作るスペイン料理の参考にしてみてください。

バルセロナで食べる!スペイン料理

バルセロナは美食の街として知られ、地中海の海の幸だけではなく、山の幸も豊富!

定番のものから、日本ではお目にかかれないバルセロナならではのグルメは旅行の際に参考になること間違いなしです。

本場のタパスが食べられるバル

バルとは日本でいう居酒屋さんのことです。

スペイン国内には18万軒にも及び、街中見わたせばバルだらけ!

そんなバルでは小皿料理『タパス』や『ピンチョス』が頂けます。

老舗バル!EL Vaso de Oro(エル バソ デ オロ)

1962年創業という50年以上の歴史を誇る老舗のバル。

地ビールにある定番の小皿料理・タパスが30種類以上楽しめ、バルセロナ市民に愛されているお店です。

こちらで頂いていたタパスは↓

カタクチイワシの酢漬け(Boquerones en vinagre)/5.17€(約620円)

スペインのバルでは定番の小皿料理で、アンチョビ詰めのオリーブに強めのお酢が相性バツグン!

チキンコロッケ(Croquetas de pollo)/4.8€(約580円)

超定番のチキンコロッケは、煮込んだポテトとチキンを混ぜ込んだコロッケです。

マグロの鉄板焼きとししとうの素揚げ(Atun con pimientos del padron)/18.7€(約2240円)

スペインではメジャーな1品。ずっと食べていられるようなシンプルだけどバツグンに美味しい1皿です。

豚の血詰めソーセージ(Morcilla)/4.18€(約510円)

定番タパスですが、日本ではあまり見かけない豚の血が練られたソーセージです。

創作系タパスのお店!TAPAS24(タパス24)

グラシア通りにある創作系タパスが頂けるお店はミシュラン1つ星レストランのシェフがプロデュースした地元の方にも人気です。

こちらで頂いたタパスは↓

牡蠣のセビーチェ風(Ostras en ceviche)/1つ 5.0€(約600円)

生ガキの上にレモン汁やショウガをゼラチンで泡状にしたものと唐辛子をトッピングした1品。

ナスのフライはちみつがけ(Berenjena,sobrasada,miel y pipas)/9.5€(約1150円)

オーブン焼きにして皮をむいたナスにチーズとはちみつ、甘辛いソーセージをのせた1品。

 鶏手羽煮込み キムチソースがけ(Alitas de pollo con salsa kimchi)/11.0€(約1330円)

鶏手羽をじっくり煮てしょう油やショウガで味付け、仕上げにキムチソースをかけた和食に近い1品です。

スポンサーリンク

ちなみにグラシア通りは

グラシア通りは日本でいう銀座のような場所。
こちらにはCASA BATLLO(カサ・バトリョ)というガウディが手がけた建築物を見ることができます。

バルセロナにはいたるところにガウディの作品を見ることができます。

生活ちゃん
生活ちゃん

カサ・バトリョは「骨の家」というあだ名もあります。

ピンチョスが楽しめるお店!La Tasqueta(ラ タスケータ)

街でピンチョスを盛り上げようということから呼ばれるようになった通称ピンチョス通り(ブライ通り)にある超人気店ラ タスケータは毎日60種類以上並ぶというピンチョスが話題を呼んでいます。

グルメちゃん
グルメちゃん

ピンチョスとは料理をパンにのせて串を刺して食べる料理のことです。

こちらで頂いたピンチョスの値段は串によって値段がかわります。

赤い串が1.8€、普通の串が1.0€となっています。

値段が高い赤い串の方でも1つ1.8€(約220円)、普通の串は1.0€(約120円)と値段の安さが人気の秘密です。

冷静サラダがのったエスカリバータ(Escalivada)ナスとゴートチーズ(Queso de cabra son berenjena y tomate seco)などピンチョスといってもボリュームのある数々が並んでいます。

ピンチョスのお店では1時間に2回ほどホットピンチョスという出来たての温かいピンチョスも運ばれてきます。
グルメちゃん
グルメちゃん

お腹いっぱい食べられて値段の安さにも驚きます。

スペインといえば!パエリア

マリンエリアはバルセロナ五輪の選手村があったエリアです。

こちらで頂けるパエリアはスペイン料理といえば!の定番メニューですね。

Xàtiva Sant Antoni(シャティバ サン アントニ)

海からほど近いアシャンプラ地区は観光客が訪れるよりは地元の方々が訪れる場所です。

シャティバ サン アントニはパエリアの本場バレンシアの本格パエリアがバルセロナで楽しめるお店です。

こちらのお店のオススメはイカスミのパエリアや魚介パエリア!

生活ちゃん
生活ちゃん

シャティバ サン アントニさんはバルセロナの中でも数少ない1人前から注文することができるので、それぞれのパエリアを楽しむことができます。

イカスミのパエリア(Arroz negro)/1人前16.9€(約2040円)
具材はイカにアサリのみとシンプルですが、香りの豊かさに加えて濃厚なイカスミが満足感を与えてくれます。
魚介のパエリア(Paella de marisco)1人前17.5€(約2120円)
具材はアンコウ・手長エビととても豪華!魚介のダシが口に含んだ瞬間に旨味が感じられます。
バレンシア風パスタパエリア(Fideua valenciana)1人前14.75€(約1780円)
このパエリアに使われているソースこそがバレンシアでパエリアが誕生した当時のレシピのもの。
具材も10種類が決められていて、まさに元祖パエリアといえるものです。

 

グルメちゃん
グルメちゃん

ちなみに、お米にもポイントが!
ボンバ米というバレンシア産で水分をゆっくりと吸収するお米が美味しいアルデンテのパエリアに仕上げてくれているんです。

カタルーニャ料理

バルセロナを含むカタルーニャ地方ではヨーロッパの交通の要所だったため、昔から様々な調理法が交わった独特な料理が発達してきました。

バルセロナ最古のカタルーニャ料理店 CAN CULLERETES(カンクジェレタス)

バルセロナで一番古いカタルーニャ料理専門店。

生活ちゃん
生活ちゃん

1786年創業という驚きの歴史をもつお店です。

エスカリバータ(Escalivada)/9.0€(約1090円)
ナス・パプリカ・玉ねぎをオーブンで長時間かけて焼き、皮をむいてオリーブオイルと塩で味付けをした前菜です。ゴーダチーズと合わせていただきます。
ほうれん草のカタルーニャ風(Espinacas a la catalana)/7.0€(約850円)
ほうれん草と一緒に炒めた干しぶどうが甘いソースに代わります。
カネロニ(Canerones “los de siempre”)/8.5€(約1030円)
カタルーニャ料理の定番カネロニは茹でたパスタに秘伝の配合で作った肉餡を包んだ肉まんのようなものです。
そこにベシャメルソースをかけて焼き上げた1品です。
クレマ・カタラナ/4.0€(約480円)
クリームブリュレの元祖。240年前からメニューもレシピ変わっていないという創業当時の味を楽しめます。

スポンサーリンク

バルセロナグルメ 番外編:ベルムットとクロワッサン

裏トークではバルセロナグルメ番外編としてベルムットとクロワッサンを紹介していました。

ENTRE LATAS(エントレラタス)でベルムットを!

バルセロナのかたはベルムットという週末のお昼前に胃を開くためにワインベースのお酒とおつまみを食べるのだそうです。

飲むお酒もベルムットといい、ワインベースにスパイスやハーブを配合白フレーバーワインです。

エントレラタスではイワシだけでも24種類、すべて合わせると400種類以上の缶詰が並ぶお店で、ベルムットを体験することができます。

こちらで頂いた缶詰は

マテ貝の炭火焼きオリーブ油漬け(Navajas a la brasa y en aceite de oliva)/16.5€(約1990円)
炭火焼きにしたマテ貝をオリーブオイルに漬けた1品。
イワシとピーマン2種類のオイル漬け (Sardines aux2 Piments)/5.2€(約630円)
イワシとピーマンをオイル漬けにした1品。
ナマコの腸のオイル漬け(Espardenas en aceite de oliva)/23.0€(約2780円)
ぶつ切りイワシのバスティーズ風(EMIETTE DE SARDINE)/3.95€(約480円)
イワシを玉ねぎやトマト、フェンネルで味付けした缶詰。
グルメちゃん
グルメちゃん

缶詰はお土産にもピッタリ!
バルセロナに来たさいには訪れたい場所ですね。

朝食にはクロワッサン!CANAL(カナル)

バルセロナではコーヒーにクロワッサンが定番朝食なのだそうです。

ど定番の朝食として愛食されているクロワッサンは、バルセロナが激戦区!

2008年から始まったスペイン全土のクロワッサンコンテストが毎年10月上旬に発表されバルセロナ有名店の受賞が多いのだそうです。

最新のコンテストでナンバーワンを獲得したCANAL(カナル)のクロワッサン(1.7€/約210円)は香りが豊かで驚きの美味しさです。

takashi ochiai

ちなみに、クロワッサンの2013年のコンテストで日本人の落合尚さんが受賞したこともあります。

こちらのtakashi ochiaiでは、そのクロワッサン(1.55€/約190円)を頂くことができます。

完成まで3日をかけて仕込むというクロワッサンはバターたっぷりの生地が特徴で多い日で700個も売れるのだとか。

グルメちゃん
グルメちゃん

また地元の方々にはストロベリーや抹茶など高橋さんオリジナルのクロワッサンが人気です。

さいごに♪

いかがでしたか!?

日本でも定番のパエリアから、知られていないスペイングルメまで美味しものが沢山あるバルセロナ!

ぜひスペインを旅行するさいの参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました