レシピ 満天青空レストラン

満天青空レストラン|静岡産オリーブオイルレシピ【オリーブペーストパスタ・リボッリータ】とお取り寄せ方法。

レシピ

2020年11月14日の満天青空レストランでは静岡で誕生した本格オリーブオイルの美味しさを教えてくれたので詳しく紹介します。国際コンクールで金賞を受賞したという静岡オリーブオイルはパスタはもちろん、蕎麦や大福にもひと垂らしするだけで 驚く美味しさに!お取り寄せ方法と、便利なオリーブペーストの作り方も紹介します。

国際コンクール金賞の静岡産オリーブオイル

こちらのオリーブオイルは静岡県静岡市にあるクレアファームさんによって作られました。

じつは、こちらのクレアファームさん青空レストランには2度めの出演で、前回は静岡産のわさびとしらすをオーストラリア産のオリーブオイルで漬け込んだ食べるオリーブオイル【静岡産わさびとしらすの食べるオリーブオイル】を紹介されていました。

 

そして、前回完成されていなかったという食材「オリーブオイル」が完成されたそうです。

14年前までオリーブの栽培は香川県と岡山県のみでしたが、オリーブオイルの普及によって現在では国内オリーブ栽培地が16県にも増えて日々奮闘されています。

なかでももっとも注目されているのが、今回完成されたというオリーブオイルです。

OLIVE JAPAN国際コンテスト2019にて金賞を獲得した静岡産のオリーブオイルはフルーティーな香りに、なめらかな味わいは 驚きの美味しさです。

このバージンオリーブオイルは原料はオリーブの実のみで、加熱・化学処理をおこなわないオリーブオイルのことです。
なかでもエキストラバージンオリーブオイルは酸度は0.8%以下と風味に欠点がない最高級品です。

オリーブオイルの活用術

静岡産オリーブオイルは果実の優しい甘さと青々とした爽快な味わいが口いっぱいに広がります。

健康にも美容にもいいオリーブオイルはかけるだけでも楽しめます。

スポンサーリンク

生桜えび

生桜えびにレモン・塩を加えて、オリーブオイルをたっぷりとかけていただきます。

オリーブオイルが桜えびの苦さや生臭みを消してくれるので、甘さが引き立ちます。

 

蕎麦

蕎麦に塩を振り、オリーブオイルをかけていただきます。

オリーブオイルをかけることで、蕎麦の香りが引き立ちます。

 

大福

大福にオリーブオイルをかけていただきます。

大福にオリーブオイルをかけることで大人のスイーツに変身します。

 

スポンサーリンク

リボッリータレシピ

リボッリータとはイタリアトスカーナ地方の郷土料理。

食材をふんだんに使うのが特徴で食べるスープといわれています。

材料(5〜6人分)

オリーブオイル(ろ過タイプ)・・・適量
乾燥白いんげん豆・・・200g
玉ねぎ・・・1個
赤玉ねぎ・・・少々
ニンジン・・・1本
キャベツ・・・100g
ジャガイモ・・・1個
セロリ・・・80g
ニンニク・・・1片
レンコン・・・120g
黒キャベツ・・・80g
ゴボウ・・・120g
ローリエ・・・2枚
大根・・・100g
小松菜・・・100g
サトイモ・・・2個
オリーブの実(グリーン)・・・60g
塩・コショウ・・・各適量
トマトソース・・・大さじ2
水・・・1200cc
バゲット・・・120g
パルミジャーノ・レッジャーノ・・・・適量
エクストラバージンオリーブオイル・・・適量

作り方

1.乾燥白いんげん豆は一晩水につけて戻して、塩・オリーブオイル・ニンニク・水と一緒に茹でて1/3量をハンドミキサーでペースト状にします。

 

2.小松菜は下茹でをしたあと、ざく切りにします。赤玉ねぎ以外の野菜を同じ大きさ(1.5cm〜2cm)ほどの角切りにします。

 

3.鍋にオリーブオイル(ろ過タイプ)を入れて玉ねぎを炒めて塩を振ります。

 

4.③にニンジン・セロリを加えて炒めたら、続けてレンコン・ゴボウ・大根・ジャガイモ・サトイモを加えて炒めます。

 

5.④に黒キャベツ・キャベツを加えてコショウを振り、白いんげんペースト・トマトソースを加えます。

 

6.水・ローリエを入れて沸騰したらアクをとって中火で野菜の角がとれてとろみが出るまで煮込みます。

 

7.⑥に小松菜・角切りにしたパンを入れて塩で味をととのえたら10〜15分ほど煮込みます。

 

8.火を止めて一晩寝かせたら温め直して器に盛り付けます。

 

9.赤玉ねぎのスライスを添えて 削ったパルミジャーノレッジャーノを散らし、エクストラバージンオリーブオイルを回しかけて完成です。

 

仔羊のカツレツレシピ

材料(4人分)

骨付き仔羊・・・4本
塩・コショウ・・・各適量
シイタケ・・・4枚
マイタケ・・・50g
しめじ・・・50g
小麦粉・・・適量
溶き卵・・・1個分
バター・・・10g
オリーブオイル(ろ過タイプ)・・・適量

《パン粉》
パン粉・・・適量
パルミジャーノレッジャーノ・・・適量
ローズマリー・・・適量

《付け合せ》
ミニトマト・・・100g
クレソン・・・適量
ルッコラ・・・適量
レモン・・・適量
エクストラバージンオリーブオイル・・・適量

作り方

1.骨付き仔羊を叩いてのばし塩・コショウで下味をつけます。

 

2.①に小麦粉・溶き卵・混ぜ合わせた《パン粉》の順で衣をつけます。

 

3.ろ過タイプのオリーブオイルで②を片面3分ずつ じっくりと揚げ焼きにします。

 

4.仕上げにバターを加え2分ほどオイルをかけながら揚げます。

 

5.④をアルミホイルで包んで休ませます。

 

6.空いたフライパンのオイルを捨て、新しいろ過タイプのオリーブオイルをひきキノコを炒めて塩・コショウで味をととのえます。

 

7.ボウルに《付け合せ》の材料を入れて全体を和えます。

 

8.仔羊のカツレツを食べやすい大きります。

 

9.⑧のカツレツ・⑥のキノコ・⑦のサラダとともに盛り付けたら、パルミジャーノレッジャーノを削り、エクストラバージンオリーブオイルを回しかけて完成です。

 

オリーブペーストのパスタレシピ

材料(4人分)

ブラックオリーブペースト・・・大さじ1
オリーブオイル(ろ過タイプ)・・・適量
シイタケ・・・2枚
タチウオ(三枚おろし)・・・300g
ニンニク(みじん切り)・・・1片分
生クリーム・・・120g
パスタ・・・280g
粉チーズ・・・大さじ2
塩・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量
エクストラバージンオリーブオイル・・・適量

作り方

1.タチウオを5cm長さに切って塩(少々)を振り、出た水分を拭き取ります。シイタケは薄切りにします。

 

2.沸騰したお湯に塩を加えてパスタを茹で始めます。

 

3.熱したフライパンにオリーブオイル(ろ過タイプ)をひき、①のタチウオの両面をこんがりと焼きます。

飾り用のタチウオを取っておきます。

 

4.③にオリーブオイル・ニンニクを加えて、香りが立ってきたらシイタケを加えて炒めます。

 

5.④にパスタの茹で汁(おたま1杯ほど)を加えて乳化させたら生クリーム・オリーブペースト・粉チーズを加えて混ぜ合わせて火を止めます。

 

6.⑤に茹でたパスタを加え、混ぜ合わせたら器に盛り付け 飾り用にとっておいたタチウオを飾り、イタリアンパセリを散らします。

 

7.仕上げにエクストラバージンオリーブオイルを回しかけて完成です。

オリーブペースト

このレシピで使用されたのはオリーブペーストです。

完熟のブラックオリーブ・ニンニク・唐辛子・酒盗などと一緒に静岡産オリーブオイルを贅沢にブレンドした究極の逸品です。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

静岡産のオリーブオイルの魅力と活用方法を紹介しました。

ヨーロッパだけではない、本格的なオリーブオイルが静岡で作られているとは知りませんでした。

国産のオリーブオイルとっても美味しそうです。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました