ブックシューイチ

シューイチ|食べヨムお正月にオススメの本&マンガ【カズレーザーさん・川島さん・飯豊まりえさん】

ブック

2021年1月1日の日本テレビ系列「シューイチ」の食べヨムではカズレーザーさん、麒麟の川島明さん、飯豊まりえさんがお正月にオススメしたいイチオシ本を教えてくれたので詳しく紹介します。

食べヨム 正月イチ推し本マンガ

カズレーザーさんイチ推し本①【このあいだになにがあった?】

カズレーザーさんオススメの1冊めは【このあいだになにがあった?】。

ピタゴラスイッチを生んだクリエーターの佐藤雅彦さんと「ユーフラテス」が作った推理する面白さを体験できる写真絵本です。

時間の流れの「あいだ」を隠し柔軟な発想をはぐくみ知的好奇心を刺激する1冊。

スポンサーリンク

カズレーザーさんのイチ推し本②【絶対に挫折しない日本史】

カズレーザーさんのオススメの2冊めは【絶対に挫折しない日本史】。

社会学者の古市憲寿さんが「面白い日本史が読みたい」という思いで書き上げたまったく新しい日本史入門です。

平安時代までを「古代」、平安〜戦国時代までを「中世」、それ以降を「近代」の3つに分けて日本史を大きな流れで紹介されています。

古市さんならではの前方後円墳を造った古代政権はフランチャイズ運営で あの特殊なデザインはコンビニのロゴマーク的なものなどと解釈するなど分かりやすいユニークな例えになっています。

飯豊まりえさんイチ推し本①【生きるぼくら】

飯豊まりえさんのオススメの1冊めは【生きるぼくら】。

日本ラブストーリー大賞 山本周五郎賞など多くの文学賞を受賞してきた原田マハさんによる青春成長小説です。

いじめからひきこもりとなった24際の青年・麻生人生は祖母からの年賀状に「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」とあったことから4年ぶりに家を飛び出して祖母の元へと向かいます。

そこで出会った米作りとの出会いが人生を変え、祖母との暮らしから生きる横ロビを思い出していくお話。

飯豊まりえさんイチ推し本②【愛情生活】

飯豊まりえさんが2冊目にオススメするのは【愛情生活】です。

写真家であるアラーキーこと荒木経惟さんの亡き妻・陽子さんが夫との愛のヒビをつづった傑作エッセー集。

女性を被写体とした大胆な写真で知られる世界的写真家であるアラーキーさんへの愛の形を赤裸々な描写で描いています。

川島明さんイチ推し本①【王様ランキング】

川島明さんのイチ推し本は【王様ランキング】。

SNSから人気が爆発し、累計発行部数100万部突破した超話題の冒険ファンタジーコミック。

王国の王子でありながら耳が聞こえない・剣もふれない非力さで「王の器」ではないと蔑まされていたボッジですが、ボッジの前に現れた謎の生き物「カゲ」が現れます。

初めての友達「カゲ」との出会いがボッジの人生を大きく動かしていきます。

 

エンタメちゃん
エンタメちゃん

1コマ1コマが大きく、セリフ量も少なくとても読みやすいため心が油断するのだとか。
しかし、名言がとても多く油断していた心に名言がスッと刺さるのだとか。

川島明さんイチ推し本②【あしたのジョー】

川島明さんの2冊めのオススメ本は【あしたのジョー】。

累計発行部数2000万部超えのマンガ史に残るボクシング漫画の金字塔です。

東京のドヤ街に現れた矢吹丈は丹下段平にボクシング技術を叩き込まれていき、ライバルたとの熱すぎる激闘を繰り出し、打たれても打たれても立ち上がる姿に日本中が熱狂した読んだ人の人生に影響を与える不朽の名作です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました