レシピスッキリ

スッキリ【フルーツサンド】鳥羽周作シェフの褒めらレシピ

レシピ

2020年12月8日の日本テレビ系列「スッキリ」ではフレンチレストランsioのオーナーシェフ・鳥羽周作さんがクリスマスにピッタリの【フルーツサンド】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。ポイントをおさえた鳥羽シェフのレシピは そのまま作ればお店の味に!おうちで過ごすクリスマスが豪華になること間違いなしです。

【フルーツサンド】鳥羽周作シェフレシピ

材料(1人分)

食パン(8枚切り)・・・2枚
生クリーム・・・100g
グラニュー糖・・・20g
練乳・・・20g
イチゴ・・・5個
いちごジャム・・・適量

作り方

1.ボウルに生クリーム・グラニュー糖・練乳を加えて、氷にあてながらツノが立つ程度の硬さに泡立てます。

練乳を加えることで生クリームのコクがアップして濃厚になります。

 

2.食パンの耳を切り落とします。

鳥羽シェフのオススメは8枚切りのやわらか食パン!

 

3.イチゴのすべてのヘタを切り落とし、1つだけ先端をカットしておきます。

 

4.食パン(2枚)に2〜3㎝ほどの厚さにクリームを伸ばし、中央に先端を切ったイチゴをのせ、のこりの4粒のイチゴは先端をパンの角にむけてのせます。

 

5.イチゴの間にジャムを4点たらしたら、生クリームをのばしてパンでシッカリと押さえてサンドします。

飛び出たクリームは取り除くのですが、余ったクリームはイチゴと一緒にデコレーションするのもオススメ!

 

6.サンドしたらラップをきつめにピッタリと巻きます。

パンからクリームがはみだしても大丈夫なのできつく巻きましょう。
クリームとパンがなじんで、包丁でカットしやすくなります。

 

7.一晩冷蔵庫でなじませます。

一晩寝かせることでシットリとした口当たりになります。

 

8.⑦をラップを巻いたままの状態で優しくスライドさせながら切り、盛り付けて完成です。

切る時は包丁を温めるとキレイに切ることができます。
このとき、空の牛乳パックにお湯を入れると安全に包丁を温めることができます。
スポンサーリンク

▼同日に紹介された鳥羽シェフのクリスマスレシピ

スッキリ【ローストチキン(手羽先の照り焼き)】鳥羽周作シェフの褒めらレシピ
2020年12月8日の日本テレビ系列「スッキリ」ではフレンチレストランsioのオーナーシェフ・鳥羽周作さんがクリスマスにピッタリの【ローストチキン(手羽先の照り焼き)】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。ポイントをおさえた鳥羽シェフ...

鳥羽周作シェフ

こちらのレシピを教えてくれたのはミシュランガイド東京2020年1つ星を獲得したフレンチレストランsioの鳥羽周作シェフです。

スッキリにて紹介される褒めらレシピは番組で紹介されるたびに大反響を得られています。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

鳥羽周作シェフが教えるクリスマスにピッタリのレシピ【フルーツサンド】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました