レシピノンストップ

ノンストップ【ブリの香り煮】笠原将弘シェフレシピ

レシピ

2020年12月14日のフジテレビ系列「ノンストップ」のおかず道場では和食の名店・笠原将弘シェフが【ブリの香り煮】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。旬のブリとセロリを合わせたスッキリとした上品な味わいは冬に食べたくなる ほっこり和食です。脂ののったブリを香り高く仕上げる笠原テクニックは必見です。また、笠原の眼ではブリの見極めかたを教えてくれましたよ。

>>笠原将弘シェフのレシピ一覧はこちら

【ブリの香り煮】笠原将弘シェフレシピ

材料(2人分)

ブリ(切り身)・・・4切れ
セロリ・・・200g
ショウガ・・・2かけ(20g)
焼き豆腐・・・1丁
ごま油・・・大さじ2

《a》
酒・・・120ml
みりん・・・大さじ5
しょう油・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ1

作り方

1.セロリは筋をとって粗みじん切りにし、葉は飾り用に適量とりわけておきます。ショウガはみじん切り、焼き豆腐は8等分に切ります。

 

2.ブリはペーパータオルで水気を拭き取ります。

 

3.熱したフライパンにごま油をひき、中火で②のブリを皮目から入れて焼きます。

ごま油でシッカリと焼いて臭みをとりましょう。
この方法で調理するだけで、ブリを霜降りにする必要がなくなります。

 

4.ブリに焼き目がついたら裏返し、ペーパータオルで脂を拭き取ります。

 

5.④に《a》を加えて ひと煮立ちさせたらセロリ・ショウガを加えて弱火で5分ほど煮ます。

セロリとショウガでスッキリと香りよく上品に。

 

6.焼き豆腐を加えてアルミホイルをかぶせ、7〜8分ほど煮ます。

焼き豆腐の代わりに 普通の豆腐や厚揚げ、こんにゃく・しらたきなどでも美味しいのだとか。

 

7.器に盛り付け、とりわけておいたセロリの葉を添えたら完成です。

スポンサーリンク

笠原の眼【ぶりの見極めかた】

スーパーで よく売っているブリの切り身ですが、ブリは皮をみて見極めるのがオススメ!

皮の色をみて、色が白っぽいのがお腹側。

皮の色が黒っぽいのが背中側になります。

部位によって調理法を変えるとより美味しく仕上がります。

お腹側のほうが脂がのり、背中側のほうはアッサリとしているので お腹側は塩焼きやお刺身、背中側は形がキレイなので煮物や唐揚げなどがオススメです。

 

さらに、スーパーなどでおいているブリの より美味しいものを選ぶには血合いをみるのがオススメ!

グルメちゃん
グルメちゃん

血合いの部分が、鮮やかでピンク色のもののほうが新鮮で臭みがなく美味しいのだそうです。

スポンサーリンク

笠原将弘シェフ

笠原将弘シェフは東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」の店主です。

独創的な感性と料理センスで注目され、雑誌やテレビでも多く活躍されています。

「笠原将弘のフライパンひとつ!すぐできるベストレシピ」を始めとし、著書も多く出版されています。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

笠原将弘シェフが提案する【ブリの香り煮】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました