美容

ハナタカ!美容専門家の洗顔方法!どうせやるならこっちがいい【20秒ルール・冷水・夜だけ】

美容

2020年11月5日のテレビ朝日系列のバラエティ番組・日本人の3割しか知らないこと くりーむしちゅーのハナタカ!では美容専門家・美容科学者のかずのすけさんが教えるプロの洗顔方法とルールを伝授してくれたので、詳しく紹介します。

どうせやるならこっちがいい美容専門家の洗顔方法

洗顔ルールするなら夜だけ

洗顔は夜だけがオススメだそう。

界面活性剤などが含まれることもある洗顔フォームは肌への刺激が強いものです。

朝・夜2回でも良いのですが、その場合は夜は泡洗顔をし朝はぬるま湯のみという方法もあります。

スポンサーリンク

洗顔20秒ルール

20秒ルールとは洗顔料を20秒以内に洗い流すということ。

洗顔時間を短くすることで油分やお肌の本来の保湿成分が肌に残ります。

健康ちゃん
健康ちゃん

自分の保湿成分をできるだけ生かすことが お肌には良いんです。

 

洗顔後の乾燥対策

顔を洗ったら 拭く前に冷水をかけるのがオススメ!

お風呂上がりや ぬるま湯で洗顔した後は肌の表面温度が上がっています。

そんな高い温度だと水分が熱を吸収して蒸発しようとしてしまうので、温度を下げて肌の水分の蒸発を防いであげましょう。

スポンサーリンク

化粧水と乳液の使う順番

一般的には化粧水の次に乳液と言われていますが、必ずしもそうする必要はありません。

化粧水は肌に水分を与え、乳液は水分が逃げないようにフタをするものと教えられてきていましたが、現在で多様な種類の化粧水や乳液が開発されていて メーカーによって使う順番や用途が様々展開されています。

 

化粧水の成分に着目!

化粧水を選ぶときは成分表を見て セラミドと書かれているものがオススメ!

セラミドとは肌の水分保持やバリア機能物質のことです。

健康ちゃん
健康ちゃん

なにを買っていいか分からないときはセラミドだけでも知っておくといいそう。

 

洗顔チューブと泡タイプの違い

チューブ型の洗顔料の特徴は洗浄力が高め。

なので、洗浄力の強いチューブ型の洗顔料は少量をしっかりと泡立てて使用します。

逆に泡タイプの洗顔料の特徴は洗浄力がマイルド。

たっぷり(5〜10プッシュ)を使って洗うのがオススメです。

・チューブ型はコスパが良いため長く使いたい人にオススメ。
・泡タイプはコスパは良くないけれど手間を省きたい人にオススメ。

 

かずのすけさん

この洗顔ルールを教えてくれたのは美容専門家・美容科学者のかずのすけさんです。

化粧品などを突き詰めていくと 見えてくる科学的根拠を基に より良いスキンケアの方法を提案し美容情報をSNSで発信。

著書の累計発行部数は約20万部以上を発行されています。

 

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

プロが大切にしている洗顔ルールを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました