ZIP 掃除

ZIP【フライパン・スポンジ・タオル】正しい買い替え時と長持ちさせる方法

ZIP

2021年2月11日の日本テレビ系列「ZIP」ではタオルやフライパン、食器洗いのスポンジなど いつも使っている日用品の買い替え時と、長持ちさせるコツを教えてくれたので詳しく紹介します。

>>ZIP記事一覧はこちら

日用品の正しい替え時と長持ちさせる方法

フッ素樹脂加工のフライパン

フッ素樹脂加工のフライパンの正しい買い替え時は一般的には4年ほど。

しかし、使い方によって大きな違いが出てきます。

街で調査した買い替え時の平均は3年1ヶ月。

基準の4年よりも早く買い替えている人が多いことになります。

正しいフッ素樹脂加工フライパンの使い方

フライパン調理は強火は厳禁。

フッ素樹脂加工の耐熱温度は260℃で、強火で熱しすぎるとフッ素樹脂がはがれやすくなってしまいます。

生活ちゃん
生活ちゃん

予熱も中火で30秒〜1分が基本なのだとか!

スポンサーリンク

キッチン用スポンジ

街で調査したキッチン用スポンジの買い替え時は約2ヶ月ほどでした。

しかし、正しいキッチン用スポンジの買い替え時は1ヶ月ほど。

長く使っていると毛穴や穴があき、汚れ落としの性能が落ちてしまいます。

さらに、スポンジの汚れやシミをそのまま放置すると細菌が繁殖する原因となってしまいます。

スポンジを長く使うコツ

スポンジは緑のゴワゴワとした不織布部分をこすり合わせて すすいでしまうと毛玉の原因となるので、スポンジの表面に汚れがついたら指の腹などで洗うのがオススメです。

さらに、スポンジは縦に置いて接地面を少なくすると より乾きやすくなるため細菌の繁殖を抑えることができます。

スポンサーリンク

フェイスタオル

街で効いたフェイスタオルの買い替え時の平均は2年3ヶ月ほどでしたが、正しい買い替え時は3ヶ月!

素材や使い方やお手入れ方法によっても変わりますが、約100回ほど洗濯をしたときがタイミングなのだとか。

タオルがごわついてきたり、水を九州しなくなってきたら年数にかかわらず替え時です。

タオルをふわふわに保つポイント【フルフル】

タオルを洗濯したら泳がせるようにフルフルと揺らします。

タオル表面の輪っか状の生地を起こして乾いたあともフワフワの状態が保てます。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

日用品の気になる買い替え時と、長持ちさせるコツを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました