グルメ おうちでごはん

坂上&指原のつぶれない店|透明醤油【フンドーダイの透明しょう油が人気となったワケ】

グルメ

2020年9月20日の坂上&指原のつぶれない店では、倒産危機にあった醤油メーカー・フンドーダイさんがV字回復をした革命的な醤油・透明醤油について紹介していたのでまとめたいと思います。

フンドーダイさんを救った革命的な透明醤油

フンドーダイの危機を救ったのが商品開発室の早田さんが開発した透明醤油です。

この透明醤油、マーケティング調査のために訪れた保育園で園児が醤油をこぼしてしまった何気ない光景を見てひらめいたそうです。

洋食業界で大反響!

このしょう油の概念を覆す透明醤油は、衣類にこぼしても目立たないだけではなく 洋食業界で大反響を生みました。

洋食の料理は、色をキレイに仕上げなくてはなりません。

透明醤油ならば食材の色を損なわずに使えると共感が生まれました。

透明ならば色を美しく保ったまま醤油味のムースやジュレなどにも使えると、海外でも大ヒットとなりました。

グルメちゃん
グルメちゃん

お値段は従来品よりもやや高額ですが、1万本売れれば大ヒットといわれるなか年間40万本を売り上げる大ヒットとなっています。

スポンサーリンク

 フンドーダイ

フンドーダイさんは熊本県にある創業150年の老舗の醤油メーカーさんです。

フンドーダイさんの会社は湧き水豊富な阿蘇山の麓に位置し、醤油会社が約40社もある醤油処です。

刺身醤油などに使われる甘みが強い醤油が特徴で、なかでもフンドーダイさんは地元でも超有名な醤油メーカーさんなのですが、近年の家庭の自炊離れや食習慣の変化により醤油の需要も年々減少の一途をたどっていて、フンドーダイさんの売り上げも右肩下がりだったそうです。

そんな危機を救ったのが商品開発の早田さんの透明醤油でした。

グルメちゃん
グルメちゃん

早田さんは就職先が見つからない大学卒業後、唯一拾ってくれた売り上げが右肩下がりのフンドーダイさんに恩返しがしたいと、ノート24冊、10年にも渡る研究の末、透明醤油を開発されました。

いまでは この透明醤油、松坂屋銀座などの百貨店から 北野エースなどの有名食品セレクトショップで空前のヒットとなっています。

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

透明醤油の大ヒットのワケを紹介しました。

ヒットが生まれた理由が恩返しをしたいという理由なのが感動的で、購入して味わってみたいと思いました。

お醤油をこぼしてしまい、洋服につくのを懸念してしまいがちですが この透明醤油ならば気兼ねなく使えそうですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

▼こちらもオススメ

坂上&指原のつぶれない店|成城石井が選出した商品11品まとめ。鮭ぶし・柚子梅つゆ・ニラ醤油・佐伯ごまだしなど!
2020年9月13日の坂上&指原のつぶれない店では、コロナ禍で困っている全国のお店を救うべく成城石井さんが立ち上がりました。成城石井のバイヤーさんたちが応募総数201件の中から11品が選出されました。そして、その中より5品が成城石井に並びま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました