レシピ スッキリ

スッキリ【ミルフィーユとんかつ&ごはんの炊き方】鳥羽周作シェフレシピ|褒めらレシピ【2月24日】

レシピ

2021年2月24日の日本テレビ系列「スッキリ」のスッキリTOUCHではミシュラン1つ星のフレンチレストランの名店であるsioのオーナーシェフ・鳥羽周作シェフが水卜麻美アナウンサーに褒めらレシピとして【ミルフィーユ トンカツ】の作り方を伝授されていたので詳しく紹介します。鳥羽シェフの豚カツならb,揚げムラが気にならない!パン粉がはがれない!キッチンが汚れない!といいとこだらけ!もっと揚げ物がラクに美味しくなりますよ。

>>スッキリ記事一覧はこちら

【ミルフィーユとんかつ】鳥羽周作シェフレシピ

お店でも使用している黄金比のバッター液を使用し、豚肉の間にロースハムを挟んだ鳥羽シェフのアイデア満載のレシピ!

ロースハムを間に挟んでいるので、揚げ焼きでも失敗なく作るとこができますよ。

 

グルメちゃん
グルメちゃん

レシピには厚めのロースハムと記載されていますが、スーパーで売っている いつもの薄めのロースハムでもOK!

そのときは、4枚ほど重ねて作るのがオススメ♪

 

材料(1人分)

《衣》
卵・・・1個
小麦粉・・・60g
水・・・30ml
パン粉・・・適量

《具材》
豚ロース肉薄切り・・・150g
スライスチーズ・・・2枚
ロースハム(少し厚め)・・・2枚
塩・コショウ・・・各適量

《ソース》
中濃ソース・・・大さじ4
卵黄・・・1個
大根おろし・・・大さじ2
粒マスタード・・・適量

《ご飯》
お米・・・400g
水・・・340g
(浸水後のお米の0.85〜0.95倍の重さ)

作り方

1.衣を作ります。《衣》の材料の小麦粉・卵・水をしっかりと混ぜます。

バッター液を使用することで、具材を隙間なくコーティングしてくれるので衣がはがれにくくジューシーに仕上がります。

 

2.ラップをまな板に敷いたら、豚肉・スライスチーズ・ロースハム・豚肉の順でミルフィーユ状にかさねます。

ロースハムを使用することで揚げムラを気にせずに旨味を出すことができます。
また、少し厚めにすることでボリュームもアップし食感を楽しむことも!
薄めのハムでも4枚ほど重ねてもOK!

 

3.ラップで包んで形をととのえたら、裏・表に塩コショウで下味をつけます。

 

4.鍋に油を入れて180℃の温度に熱したら③の豚肉を①のバッター液で包んで全体をパン粉で覆って2分ほど揚げます。(揚げ焼きの場合は片面1分ずつ)

衣づけをするまえに油を温めておきましょう。
衣をつけて時間が経ってしまうと、中の具材から水分が出てパン粉に染み出してしまい、揚げ物がカリッと仕上がらなくなってしまいます。
180℃は菜箸を入れて気泡が出てくるぐらいが揚げ時のサインです。

 

5.ソースを作ります。《ソース》の材料の中濃ソース・卵黄・粒マスタード・大根おろしを混ぜ合わせます。

大根おろしを入れることで中濃ソースのくどさを和らげ幅広く使えるソースになります。

 

6.野菜を器に盛り付け、揚げたトンカツを食べやすい大きさに切って器にのせて⑤のソースをかけたら完成です。

スポンサーリンク

sio流ごはんの炊き方

1.《ご飯》の材料のお米を研いで15分ほど水につけます。

 

2.浸水したらお米の重さを量って重さに応じた水を用意します。

水の量は浸水後のお米の0.85〜0.95倍の重さです。

 

3.ザルにあげて水気を切った米を10分ほど乾燥させます。

 

4.乾燥したお米と水を鍋に入れて火にかけます。

 

5.沸騰したらフタをして弱火で12分炊きます。

 

6.火を止めてフタをしたまま5分ほど蒸らして完成です。

スポンサーリンク

鳥羽周作シェフ

こちらのレシピを教えてくれたのはミシュランガイド東京2020年1つ星を獲得したフレンチレストランsioの鳥羽周作シェフです。

スッキリにて紹介される褒めらレシピは番組で紹介されるたびに大反響を得られています。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

鳥羽周作シェフが伝授された【ミルフィーユとんかつ】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました