レシピノンストップ

ノンストップ【味噌・たまねぎひしお】レシピ。発酵食品の作り方。あぶちゃんのこのシュミとまれ!

レシピ

2021年3月10日のフジテレビ系列「ノンストップ」のあぶちゃんのこのシュミとまれ!では虻川美穂子さんが発酵食品を手軽に作れる方法を教わっていたので詳しく紹介します。初心者さんでも手軽に作ることのできる【お味噌】に【玉ねぎ醤】の作り方は必見です。

>>ノンストップ記事一覧はこちら

【味噌】手軽に作れる発酵食品

材料

有機丸大豆・・・250g
有機生米こうじ・・・350g
塩・・・130g

作り方

1.大豆はよく洗って たっぷりの水に18時間 浸水させます。

 

2.たっぷりと水を吸わせた大豆を約4時間 じっくりと煮込みます。

市販の大豆の水煮で代用する場合も、指でつぶれるぐらいまで やわらかく煮ます。

 

3.やわらかく煮た大豆を保存袋などに入れて つぶします。

フードプロセッサーなどを使用してもOK!

 

4.③のつぶした大豆をこうじ・塩と一緒にボウルに入れて よく混ぜます。

 

5.空気を抜きながらソフトボール大くらいの大きさに丸めます。

容器に詰める時できるだけ容器に空気が入らないように詰めるため、ボール状にしておくと詰めやすくなります。

 

6.容器に⑤を1つ入れ、グーにした手で真上からシッカリと垂直に押して隅までシッカリと空気を押し出すように詰めていきます。

空気の隙間ができていると、そこにカビが生えやすいので空気をシッカリと抜いていきます。

 

7.すべてを詰めたら、表面が空気に触れないようにラップをピッチリと落として覆います。

 

8.フタをしめたら仕込みが完了です。直射日光が当たらない風通しの良い涼しい場所で半年〜8ヶ月ほど発酵させます。

スポンサーリンク

たまねぎひしおレシピ

玉ねぎをすりおろして混ぜるだけの玉ねぎひしおは、コンソメのような味わいに。

炒めた玉ねぎの代わりにハンバーグやカレーに入れるなど毎日のお料理に活用することができます。

材料

玉ねぎ・・・1個
塩・・・20g
麦こうじ豆こうじ・・・65g

作り方

1.玉ねぎは芯まで全てすりおろします。

 

2.容器に①のすりおろした玉ねぎと塩・麦こうじ 豆こうじを入れて混ぜ合わせます。

 

3.直射日光を避けて風通しの良い場所に常温のまま置き、およそ1週間 毎日かき混ぜると発酵をして美味しくなります。

グルメちゃん
グルメちゃん

たまねぎひしおと乾燥わかめに、お湯を注ぐだけで美味しいスープになっちゃいますよ。

ひしおとは

ひしおとは、食材をこうじと塩で発酵させた日本に古くからある発酵調味料です。

スポンサーリンク

神楽坂 発酵美人堂

この発酵食品づくりを教えてくれたのは「神楽坂 発酵美人堂」の清水紫織さんです。

清水さんは妊娠をきっかけに毎日の食事を見直す中で発酵食品に興味を持ち、自分で手作りするうちに お教室まで開くようになった発酵の達人です。

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

あぶちゃんが趣味レーションした発酵食品づくりとして【味噌】と【たまねぎひしお】の作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました