ブック エンタメ

男子にオススメしたい!絶対おもしろい少女漫画10選

ブック

男子にオススメしたい絶対にハマれる少女漫画を10作品紹介したいと思います。

男性が少女漫画を読まれることは少ないかと思いますが少女漫画も世界観が壮大なファンタジーやギャグセンスバツグン!な漫画が山のようにあります。

ぜひ少女漫画の世界を体験してみてください。

男子にオススメ!絶対ハマる少女漫画10選

壮大なファンタジー篇

7SEEDS

ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!      amzonより引用

本気サバイバル

最初のうちは本当に謎ばかりで何が起こったかわかりません。

始めは固定の主人公が中心となり、状況や心情など主人公目線でこのサバイバル物語を読みすすめて行くことになります。
しかし、徐々に明かされる他のメンバーの存在によって、より深く広い絶望の世界を読者は知ることになります。

登場人物すべての心情や体験を とても丁寧に描いているのでどの巻も捨て巻はありません。
そして、どの登場人物にも感情移入しやすくなっています。

この壮大な7SEEDSプロジェクトの終わりのない冒険の完結とメンバーたちの成長が気になり読む手が止まりません。

orange

高校二年生の菜穂に届いた未来からの手紙。そこには未来の自分の後悔がつづられていた。はたして菜穂は手紙を読み「後悔しない未来」を作ることができるのか?切ない思いが交錯するタイムパラドックスラブストーリー。     amazonより引用

未来のための今

SFと青春恋愛が見事に融合された不思議な漫画です。

軸は未来を変えることですが、メインのお話は高校生の恋愛もののお話となっているので幼さと拙さがあり、ハラハラさせられっぱなしです。
結局最後はどうなってしまうのか気になって一気に読破してしまうこと間違いなしです。

SFというあり得ない設定ですが「1つの出来事によって未来は変わる だったらどうするか」そんなメッセージが読み取れる 生き方を変えてくれるような漫画です。

百鬼夜行抄

幼い頃から不思議な力を持っていた、高校生の飯嶋 律。
律が持つ不思議な力……それは普通の人には見えない妖魔を見る力。

亡き祖父・飯嶋蝸牛が使役していた強力な妖魔・青嵐を護法神とし、カラス天狗の尾白と尾黒を従え、さまざまな妖魔との出会いが織りなす不思議絵巻。  amazonより引用

恐ろしくも美しい日本の異世界

迫力のある妖怪漫画は数あれど、「暗闇で静かに訪れる恐怖」という日本独特の怖さを体験できる漫画はあまりなのではないでしょうか。

ストーリーの始めは話の展開が読めませんが、読み進めていくと訪れる計算されたフラグ回収に読み終えたあとゾッと恐怖がやってきます。

しかし、絵がとてもキレイなのでゾッとするだけではなく「美しく怖い」がクセになってしまう1作です。

熱い青春篇

ちはやふる

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。おとなしくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!
amazonより引用

かるたにかける青春ストーリー

主役は「かるた」!

スポーツなど一芸に秀でた専門漫画は数あれど「かるた」を題材に扱う漫画はなかったのではないでしょうか!?
実際、この漫画が世に出ることでかるたという存在が注目されることが多くなりました。

冬子
冬子

実際 ちはやふるの影響で競技かるたを始める人も増えました!

話の構成も少女漫画部分もあるのですが、全力をかけて競技かるたに挑み大会をメインに描いているところは少年漫画寄り。
男性にも受け入れられやすくなっている漫画だと思います。

俺物語

 

剛田猛男は高校1年生。身長2m・体重120kg(いずれも推定)。好きになった子は、いつも幼馴染みのイケメン・砂川の方に行っちゃうけど、真っ直ぐで不器用で鈍感で、男子からは超モテモテ! ある朝、通学電車の中で、ひとりの女の子を痴漢から救ったことで猛男にも春到来の予感…!? 笑って泣けて、胸キュンも満載の、爆笑純情コメディー!
 amazonより引用 

気は優しくて力持ち 剛田猛男!

原作は「先生!」で映画化もされた大御所漫画家 河原和音先生。
作画はアルコ先生の最強タッグ!

原作の面白さはもちろん、アルコ先生じゃないと引き出せなかった剛田猛男のビジュアルが少女漫画界に激震を走らせた1作品。

お腹をかかえて笑えるギャグセンス最高!
けれど さっきまで笑ってたはずなのに、最後はなんだか泣いてしまうストーリー展開が素晴らしい!
ハラハラドキドキもするのに登場人物みんなが良い人だから読み終えたあとは、温かい気持ちになる優しい漫画です。

男子は本当に剛田猛男に憧れるのか本当のところ わからないのが唯一この漫画の謎なところです。

のだめカンタービレ

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに) カンタービレ(歌うように)不思議少女・野田恵(のだめ)の奇行を見よ!クラシック音楽コメディ!!
amazonより引用

のだめの部屋

主人公の野田恵(のだめ)は実際に存在します。

のだめのモデルになった方に二ノ宮知子先生が会い、「のだめカンタービレ」が始まったそうです。
このモデルの方はのだめのネタ元となっていて実際に汚部屋の中にグランドピアノは本当にモデルの方のお部屋でのことです。

天才的なピアノを奏でるのだめのダメっぷりのギャップがヒーロー性を感じさせ、正しい知識で物語のナビゲーター的存在の千秋の凸凹コンビが「のだめカンタービレ」という物語を魅了します。

ぴんとこな

 

家柄が重んじられる歌舞伎界において、名門の御曹司として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助(きょうのすけ)。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥(いちや)。正反対の2人の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんていらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…
amazonより引用

歌舞伎の世界を身近に

伝統を重んじる題材なはずなのに、人間臭く 御曹司なのにおバカ。
少女漫画的な感覚で言えば女の子のあやめが主役なのですが、この主人公は御曹司でおバカな恭之助です。

最初は恋愛から始まりますので主人公はあやめでは?と思われますが、巻が進むごとに恭之助が主人公の物語だと納得の内容です。
恋愛は良いスパイスなだけで、この物語は2人の歌舞伎役者が立派に成長していく物語。
読みごたえたっぷりの歌舞伎の内容に 歌舞伎劇場に足を運びたくなります。

僕と君の大切な話

 

同じ学年の東くんに片想いをしてきた相沢のぞみ。ある日、勇気を出して帰りの駅で声をかけて告白! だけど、東くんの返事は超予想外の言葉だった…!! なかなかかみあわない不器用な2人だけれども、会話を続けるうちに、次第に距離は縮まりはじめ? 2人のすれ違いに笑いと共感とニヤニヤの嵐! 天然ストーカー女子相沢さん×ツンデレ眼鏡男子東くんの新感覚“トーキング”ラブコメディー、開幕!
amazonより引用

男子と女子のあるある合戦

男子にはスルーされ女子には好かれそうもない東くんと、女子にも男子にも高嶺の花扱いされる相沢さんの恋バナ物語です。

前作の「となりの怪物くん」は派手で爆発的なストーリーでしたが、こちらはもの静かな2人が淡々とお話をするストーリー展開です。
この「淡々と」が独特の味わいを出し、男子に対しての女子あるある(反対もしかり)がイヤにリアルで両者のイタイとことをついてくるのが どうにも面白いのです。

冬子
冬子

相沢さんは男子理想をまるっと詰め込んでいるような可愛い女の子です!

痛快!ギャグ篇

山田太郎ものがたり

山田太郎。私立一ノ宮高校1年(特待生)。成績優秀、眉目秀麗、スポーツ万能。そんな彼の唯一の欠点は、貧乏であること。長男として家計を一手に担う彼は、お嬢様育ちの母親に弟妹6人の1か月分の給食費・3万円を使い込まれて大ピンチ! そんなとき、謎の少女から現金100万円と謎の白い粉を渡されて…!?
amazonより引用

ハイスペック男子がドSにいじられる!

イケメン&頭も良い山田太郎の唯一のネックは超ド級の貧乏だというところ。
あんなにハイスペックな人材ゆえに裕福なお坊ちゃんだと周りは信じて疑わないところ(本人は隠してもいないし滲み出た貧乏性が丸出し)が痛快なコメディ感を出します。

基本コメディ満載なのですが たま〜に見せる親友の御村と妹のよし子とのラブ具合がすっごくキュンとするのが楽しみな女子多し!

冬子
冬子

基本 山田家全員がいじられキャラ。
不幸になれば なるほど笑えるなんてハイスペックな人材ゆえです。

こいつら100%伝説

時は戦国の世。忍者道場の老先生のもとで技をみがく見習い忍者3人組・極丸、危脳丸、満丸。そんな彼らの道場に刺客に追われる美しい姫・白鳥姫子がやってきた。すかさずひと目ボレした3人組が争奪戦を展開するが。  amazonより引用

キャッチフレーズは「少女漫画界に咲くドクダミの花」岡田あーみん

伝説の漫画家 岡田あーみん先生の1作品です。

なにが伝統かって内容を見れば分かるのですが、このヤバイ異世界感を あの硬派な恋愛漫画雑誌の代表「りぼん」で連載していたところにあります。

たぶん今まで見たギャグ漫画の中で一番 絶妙にぶっ飛んでて、いい具合に変態な漫画です。
変態がいっぱい出てくるのにやりすぎないキャラ設定は天才的で、つい思い出し笑いしてしまう内容は夢に見そうなほど濃厚です。

エンタメ子
エンタメ子

同期はさくらももこ先生。
あの頃のりぼんは何を思っていたのでしょう(笑)

ちなみに岡田あーみん先生と仲の良かったさくらももこ先生は「ちびまる子ちゃん」第2巻で合作漫画を描かれています。
絶妙に違うキャラたちなのに、妙にしっくり来ているのが面白い幻の合作品です。

さいごに♪

いかがでしょうか!?

すでに読破された方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ知らないものがあれば ぜひ手に取ってみてください。
どの漫画も少女漫画界の大御所の先生方が描かれた代表作とも言われる名作です。

心ふるわせる漫画に出会えたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました