健康 生活

【世界一受けたい授業】簡単疲労回復ストレッチ方法。肩甲骨もどし・お尻伸ばしのやり方!

健康

2020年3月28日の世界一受けたい授業では疲れてしまった体に効果的な疲労回復ストレッチを紹介していました。

簡単!疲労回復させてくれる方法。【世界一受けたい授業】

疲れているからと家でゴロゴロするのはNG!

疲れたときことアクティブブレスト(積極的休養)を取り入れることがオススメです。

披露時に体を動かすことで血流が改善されたり疲労物質の排出を促してくれます。

血流がよくなると免疫力アップの効果もありますよ!

健康ちゃん
健康ちゃん

水泳などのアクティブな運動はもちろんなのですが、日常生活でも簡単に取り入れられるストレッチはよりオススメです。

スポンサーリンク

疲労回復ストレッチ方法

自宅で簡単に行うことができます。

疲労回復ストレッチ①肩甲骨もどし

1.腕全体を外側にめいいっぱいひねります。

2.肩甲骨がシッカリとよったら、ゆっくりと肩の高さまで上げて下ろします。

肩甲骨を意識して行うとより効果的です。
1日10回程度を目安に行います。
健康ちゃん
健康ちゃん

肩甲骨を元の位置に戻すことで首や肩の疲れの改善につながります。

疲労回復ストレッチ②おしり伸ばし

1.イスに座り、片方の足首を反対のひざに近い足におきます。

 

2.片方の手を上になっている足首に、もう片方の手をひざの上におきます。

 

3.上になっている足を水平にキープしたまま上体を倒し10秒キープします。

上体を倒すときはおへそは足首の方へ向けるのがポイントます。
猫背にならないように上体を反らしましょう。1日 左右10秒ずつを3回を目安に行いましょう。
健康ちゃん
健康ちゃん

このストレッチは座り疲れの改善や腰痛予防につながります。

 

教えてくれた佐藤義人さんは

佐藤義人さんはラグビーワールドカップに全試合出場した堀江翔太選手も体の全てを預けているという神の手をもつアスレチックトレーナーさんです。

佐藤義人さんの肩こり・腰痛改善のストレッチも効果的です▼
肩こり・腰痛改善ストレッチの壁ペタ伸ばし・腕伸ばし・腹筋・太もも伸ばしのやり方【世界一受けたい授業】

さいごに♪

いかがでしたか!?

座りっぱなしや同じ姿勢をとり続けると、やはり疲労が溜まってしまいます。

なかなかとれない疲れは、体を動かすことで改善してみましょう!

日常に取り入れられる程度のストレッチなので、運動が苦手な方でも安心です。

ぜひ参考にしてみてください♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました