生活 掃除

【バゲット】プロ伝授!家庭のカビ対策術。浴室・エアコン・蛇口のカビ予防の裏技も。

生活

2020年6月4日のバゲットではプロが教える家のカビ対策術を紹介していました。

プロが教えるお家のカビ対策術【バゲット】

カビの発生は温度が20〜30℃、湿度が60%以上となり、さらにアカやホコリなどの汚れが栄養源となって発生します。

このカビの発生条件が揃うのが梅雨の時期となります。

梅雨入り前に行いたいカビを予防する対策術を紹介していました。

浴室のカビ対策術

一番カビが発生しやすい場所でもある浴室。

浴室のカビを防ぐには入浴後にシャワーをするのがオススメです。

やり方

1.温水でシャワーを浴室全体にかけます。

浴室に残ったアカ・石けんカスなどカビの栄養源を洗い流しましょう。

 

2.冷水でシャワーを浴室全体にかけます。

浴室を冷やしてカビの発生条件の温度上昇を解消しましょう。

 

3.水気を拭き取ります。

カビの好む水気を取り除きましょう。
スポンサーリンク

蛇口周りのカビ予防:水アカの除去法

金属性の蛇口につく水アカはカビの栄養源となります。

蛇口周りの水アカはスポンジの代わりにジーンズ生地をつかってクレンザーで磨きましょう。

ジーンズの細かく編み込まれた生地はクレンザーの粒子が生地の中に入り込みくくなり、汚れをきちんと研磨っしてくれるそうです。

 

エアコンのカビ対策術

冬が終わって しばらく使っていなかったエアコンなどはカビの温床となっています。

そんなエアコンを夏にいきなり使ってしまうと、カビの胞子を部屋中に撒き散らしてしまう恐れがあります。

使い始める前には フィルターのお掃除してから使いましょう。

エアコン使用前のカビ予防法

1.フィルターを取り外して水洗いをします。

洗剤で洗ってシャワーでホコリを除去しましょう。

 

2.窓を開けて10分ほどエアコンを運転します。

エアコン内部に溜まっているカビを追い出すことができます。

 

さらに毎日のケアも!

さらに、エアコンは毎日使い終わったあと30分ほど送風運転をするのがオススメです。

冷房運転で発生した水分が内部の湿度を上げるため、湿度を送風で下げてあげることができます。

生活ちゃん
生活ちゃん

オフタイマー30分をしておけば、外出することも可能ですね。

 

カビ取りの裏技【バゲット】

発生してしまった しつこいカビ。

カビ取り剤と一緒にティッシュペーパーを使えば、より効果的にカビを取り除くことができます。

カビ取り裏技法

1.ティッシュペーパーはこより状にします。

 

2.気になる部分にカビ取り剤をスプレーします。

 

3.②の部分に①のティッシュペーパーをかぶせます。

 

4.③のティッシュペーパーに さらにカビ取り剤を塗り込み、5〜10分ほど放置します。

 

5.ティッシュペーパーを取り除き、カビ取り剤を洗い流します。

 

6.仕上げに水気を拭き取れば完了です。

ティッシュペーパーにカビ取り剤が染み込んでカビの根元にまで薬剤が浸透します。
さらに、ゴムパッキンや隙間などにカビ取り剤が流れ落ちないようにしてくれます。

 

▼カビ対策と合わせてカビになりにくい収納術もオススメです▼

【スッキリ】おさよさんのアイデア収納と梅雨時の湿気・カビ対策
2020年6月2日のスッキリでは収納の達人のおさよさんがアイデア収納と洗面所や浴室の湿気・カビ対策を紹介していました。

さいごに♪

梅雨前にオススメのカビ対策術でした。

じめじめとした季節が来る前に、上手にカビ対策しておきたいですね!

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました