レシピきょうの料理

きょうの料理【うずまきのし鶏】ワタナベマキさんのおせちレシピ

レシピ

2020年12月7日のきょうの料理では料理研究家のワタナベマキさんがおせちに役立つ【うずまきのし鶏】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。定番の四角い形ではなく、縁起の良い巻物の形をしたのし鶏は冷凍保存が可能なので食べたいときにサッと焼いて食べることができます。

>>きょうの料理記事一覧はこちら

【うずまきのし鶏】ワタナベマキさんのおせちレシピ

オーブンシートで包んで 冷凍すれば1ヶ月ほど保存が可能です。

食べたいときに解凍せずに そのまま焼くことができるので重宝しますよ。

材料(5本分)

鶏ひき肉・・・・600g
卵・・・1個
片栗粉・・・大さじ2+1/2
酒・・・小さじ2
しょう油・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/4
海苔(全形)・・・5枚
ごま油・・・適量

《タレ/2本分の分量》
しょう油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2

作り方

1.ボウルに鶏ひき肉・卵・片栗粉・酒・しょう油・塩を加えて しっかりと粘りが出るまで混ぜ合わせます。

 

2.海苔のうえにオーブンシートをのせ、ごま油(少々)をぬったら海苔の大きさに合わせて①の鶏ひき肉(1/5量)をのばしていきます。

ごま油を塗ることでオーブンシートから鶏ひき肉が はがれやすくなります。

 

3.海苔をオーブンシートの下から取り出し、肉だねのうえにシッカリとのせて ゆっくり巻いていきます。

オーブンシートを持ち上げて 肉をはがしながら ゆっくりと巻いていきます。
海苔が見えているところは ならして均等にします。

 

4.オーブンシートで全体を巻いて包み、キャンディーのように両端をねじってとめたら形を整えます。同様に5本分を作ります。

 

5.冷凍庫で一晩(6時間以上)冷やし固めます。

この状態で冷凍庫へ入れれば1ヶ月ほど保存が可能です。

 

6.熱したフライパンにごま油(小さじ2)をひき、⑤(2本)を並べ入れて中火で全体に焼き目がつくまで焼きます。

 

7.フタをして弱めの中火で8分ほど蒸し焼きにします。

 

8.《タレ》の材料を⑦に加えて中火に煮からめたら取り出し、肉汁を落ち着かせます。

タレの分量は2本分の分量となります。

 

9.食べやすい大きさに切って器に盛り付けたら完成です。

スポンサーリンク

▼同日に紹介されたワタナベマキさんのおせちレシピ

きょうの料理【黒豆のシロップづけ】ワタナベマキさんのおせちレシピ
2020年12月7日のきょうの料理では料理研究家のワタナベマキさんが【黒豆のシロップづけ】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。蒸した豆をシロップに漬けるだけなので時間もかからず、簡単に!さらに甘さ控えめに仕上がるのも嬉しいポイントで...
きょうの料理【スフレだて巻き】ワタナベマキさんのおせちレシピ
2020年12月7日のきょうの料理では料理研究家のワタナベマキさんがおせちに役立つ【スフレ伊達巻】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。ふわっふわの伊達巻は、巻かずにパウンド型に入れてオーブンで焼くだけ! >>きょう...

>>きょうの料理記事一覧はこちら

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

料理研究家のワタナベマキさんが提案する【のし鶏】の作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました