レシピ きょうの料理 グルメ

きょうの料理|大豆氷の作り方。みそ汁・ハンバーグ・オムレツへ活用する方法も!

レシピ

2020年10月19日のきょうの料理では抗酸化物質の一種である大豆イソフラボンを積極的に摂取することのできる【大豆氷】の作り方を料理研究家の藤井恵さんが教えてくれました。まとめて作ってみそ汁やハンバーグ、オムレツに活用するアレンジレシピも一緒に紹介します。

【大豆氷】藤井恵さんレシピ

大豆にふくまれる大豆イソフラボンは女性ホルモンである”エストロゲン”と似た構造の働きをしてくれます。

お肌にいい影響を与えてくれる大豆イソフラボンを料理にアレンジしやすいと大豆氷を作られたそうです。

材料

大豆(乾燥)・・・300g
水・・・適量

作り方

1.大豆に水(4カップが目安)を加えて冷蔵庫で一晩(6〜8時間)おいておきます。

 

2.①の大豆の水気を切り、半量の大豆・水(1+1/4カップ)をミキサーに入れて撹拌します。同様に残りの大豆も撹拌します。

大豆は半量ずつ入れることで均一に撹拌することができます。
水は一晩おいた大豆半量に対しての量です。

 

3.全体に撹拌が完了したらジップ付きの保存袋に入れて空気をぬいて5〜6mmほどの薄さにして冷凍保存します。

中くらいの保存袋に1/3量ほどを目安にしてください。
グルメちゃん
グルメちゃん

大豆氷は冷凍で1ヶ月ほど保存可能となっています。
使用するときは凍ったまま麺棒などでたたいて割って使用します。
また、生食ではなく必ず加熱調理をしてください。

スポンサーリンク

大豆氷アレンジレシピ【小松菜とにんじんのみそ汁】

材料

大豆氷・・・100g
小松菜・・・1/2わ(100g)
ニンジン・・・1/3本(50g)
だし・・・2カップ
みそ・・・大さじ1+1/2

作り方

1.ニンジンは皮をむいて3cmの細切り、小松菜も3cm長さに切ります。

 

2.鍋に大豆氷・ニンジン・小松菜・だしを加えて加熱します。

 

3.煮立ってきたら弱火にして4〜5分ほど煮ます。

 

4.仕上げに味噌を溶きくわえたら煮立つ直前に火をとめて器に盛り付けたら完成です。

加熱して出てくるモコモコとした泡は大豆サポニンという栄養価が高く骨に良い物質ですので、一緒に食べるのがオススメです。
スポンサーリンク

大豆氷アレンジレシピ【和風ハンバーグ】

材料

大豆氷・・・150g
水・・・大さじ1
鶏ひき肉・・・150g
タマネギ(みじん切り)・・・1/4個分(50g)
塩・・・小さじ1/4
サラダ油・・・小さじ1
ポン酢しょう油・・・大さじ2
細ねぎ(小口切り)・・・1本分

《トッピング》
わかめ(塩蔵/戻して切る)・・・20g
大根おろし・・・1カップ

作り方

1.大きめの耐熱ボウルに大豆氷・水を加えてラップをかけて600Wの電子レンジで3分加熱して粗熱をとります。

一度に多くの大豆氷をレンジにかけるときは突沸の危険がありますので、何度かに分けて加熱をしてください。

 

2.①に鶏ひき肉・みじん切りにしたタマネギ・塩を加えて 粘りが出るまで よく混ぜ合わせます。

 

3.熱したフライパンにサラダ油をひき、手に水をつけて②のタネを成形してフライパンに並べ入れます。

 

4.フタをして中火で両面を5〜6分ずつ加熱します。

 

5.《トッピング》の材料を混ぜ合わせます。

 

6.④のハンバーグを器に盛り付け、⑤のトッピングをのせたら小口切りにした細ねぎを散らし、ポン酢しょう油をかけて完成です。

大豆氷アレンジレシピ【ブロッコリーのオムレツ】

材料

大豆氷・・・200g
水・・・大さじ2
タマネギ・・・1/4個(50g)
オリーブオイル・・・適量
ブロッコリー・・・1/3個(150g)
ミニトマト・・・4個

《a》
水・・・大さじ3
塩・・・小さじ1/4
コショウ・・・少々

《b》
卵・・・4個
粉チーズ・・・大さじ3
塩・コショウ・・・各少々

作り方

1.大きめの耐熱ボウルに大豆氷・水を入れてラップをかけて600Wの電子レンジで4分加熱して粗熱をとります。

 

2.タマネギを1cm角に切ります。ブロッコリーは小房に分け、茎部分は皮をむいて1cm幅に切ります。

 

3.熱したフライパンにオリーブオイル(小さじ1)をひき、②のタマネギを透き通るまで炒めます。

 

4.③にブロッコリーを加えてサッと炒めたら《a》の材料を入れて ひと混ぜしたらフタをして2〜3分ほど蒸し煮にします。

 

5.①に《b》の材料を加えて よく混ぜ合わせます。

 

6.⑤に半分に切ったミニトマト・④のブロッコリー・タマネギを加えて よく混ぜ合わせます。

 

7.熱したフライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、強火で油がサラサラと動いてきたら⑥を流し入れます。

 

8.外側から内側に向かって卵液を手早く混ぜていきます。

 

9.まだ半熟のやわらかい状態でフライパンを揺するように加熱し続け、焼き色をつけながら火を通します。

 

10.焼き色がついたら ひっくり返して2〜3分ほど こんがりと焼いたら完成です。

藤井恵さん

この大豆氷レシピを教えてくれたのは栄養管理士であり、料理研究家の藤井恵さんです。

家庭でつくりやすいシンプルかつ体にやさいしいレシピが人気で、メディアにも数々登場されています。

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

藤井恵さんが提案する新しい美肌レシピ【大豆氷】の作り方とアレンジレシピを紹介しました。

使い勝手のよい大豆氷で効率的かつ簡単に摂取することができます。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました