レシピ グルメ ごはんジャパン

ごはんジャパン【土鍋炊き込みご飯】レシピ。土鍋で美味しく炊く方法!

レシピ

2020年9月26日のごはんジャパンでは、海の幸をふんだんに使用した炊き込みご飯の作り方を、和食の匠・笹岡隆次シェフが紹介していました。また、おこげを狙ってつくる!という笹岡シェフのアルミホイルを使用した土鍋でおいしいご飯を炊く裏ワザも必見です。

>>ごはんジャパン記事一覧はコチラ

【海の幸たっぷり!土鍋炊き込みご飯】笹岡シェフレシピ

材料

タチウオ
サバ
カマス

《出汁》
昆布
水・・・600ml
酒・・・100ml
ネギ
ショウガ

《炊き込みご飯》
米・・・3合
ニンジン・・・1/2本
ゴボウ・・・1/2本
エノキ・・・1/2束
薄口しょうゆ・・・大さじ2
濃口しょうゆ・・・大さじ3
白髪ネギ
ショウガ
銀杏
三つ葉

作り方

1.昆布は水にあらかじめ浸しておきます。

 

2.タチウオ・サバ・カマスは3枚におろし、小骨を丁寧に取り除きます。

 

3.さばいた魚の骨に塩を振り、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。

魚の骨に塩を振り寝かせることで、水分とともに臭みが抜けます。

 

4.②の魚に串を刺して塩を振り、炭火で焼きます。

魚を焼くことで、うま味が凝縮して臭みも取ることができます。

 

4.③で寝かせた魚の骨を、熱湯にくぐらせて霜降りにして さらに臭みをぬきます。

 

5.鍋に①の昆布と水・④の骨・ネギ・ショウガ・酒を加え、強火で一気に加熱します。

ゆっくりと火にかけると濁ってしまいます。
強火で一気に加熱することで、透き通った美味しいダシになります。

 

6.沸騰したら中火にしてアクをとり20分ほど煮ます。

うま味をシッカリと出すため、昆布も一緒に煮ます。

 

7.⑥を濾したら、出汁の完成です。

 

8.アルミホイルを適当に細長く形を作り、土鍋のフタに差し込みます。

土鍋で炊くときは蒸気を中で循環させてふっくらと炊きあがらせるため、土鍋のフタの穴はできるだけ小さいほうが良いそうです。

 

9.土鍋に米・小さく切ったニンジン・ゴボウ・エノキを入れます。

 

10.出汁に薄口しょうゆ・濃口しょうゆを加え、焼いた魚を並べます。

 

11.弱目の中火で8分ほど加熱し、煮立ってきたら火を少し強めて8分ほど加熱します。

 

12.沸騰して吹き出す蒸気が弱くなってきたら炊きあがりのサインです。火を止める30秒ほど前に強火にしておこげを作ります。

 

13.火を止めて15分ほど蒸らしたら、フタを開け 三つ葉・ショウガ・白髪ネギ・銀杏をトッピングしたら完成です。

グルメちゃん
グルメちゃん

お好みで醤油漬けにしたアジやイナダをトッピングしても豪華ですよ!

スポンサーリンク

▼ごはんジャパンのオススメレシピ▼

ごはんジャパン【市販のカツオのたたき】復活レシピ!焼きたての味わいにする作り方。
2020年9月12日のごはんジャパンでは、市販のカツオのたたきを焼き上がりのような味わいにする方法を青華こばやしの店主・小林雄二さんが紹介してくれました。 その他のごはんジャパン記事一覧はコチラ 【カツオのたたき】レシピ 材料...
ごはんジャパン【カレイの煮付け】レシピ。3分で身がふっくらするプロの作り方。
2020年9月5日のごはんジャパンでは、懐石料理の名店・てのしまの主人・林亮平さんが たった3分の煮込み時間で身がふっくらシットリと仕上がる【カレイの煮付け】の作り方を紹介していました。
ごはんジャパン【ローストビーフ丼】の作り方。フライパンで簡単プロの味!
2020年8月22日のごはんジャパンでは、ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパのオーナシェフ・神谷英生さんがフライパンで たった15分で作ることのできる、しっとりローストビーフ丼レシピを紹介していました。

恵比寿 笹岡

住所:東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング5階

電話:03-3287-9088

営業時間:11:00~15:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)

定休日:不定休(新丸ビルに準ずる)

※営業時間や定休日は変更となる場合があります。

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました