ダイエット 生活 ヒルナンデス

ヒルナンデス|効果的な腹筋&スクワットのやり方。ティップネスおすすめの方法。

ダイエット

2020年9月14日のヒルナンデスでは、ティップネスインストラクターのMeiさんがオススメする効果的な腹筋運動やスクワットの行いかたを教えてくれたので紹介します。

効果的な腹筋運動のやり方

じつは足を伸ばしたままの腹筋は腰への負担がかかりやすく 足の力を使うことによって腹筋への負荷が減ってしまいます。

より効果が高まる腹筋運動を紹介!

ちなみに、筋トレは遅い時間に行うよりも 筋力や体温が高まる日中〜夕方にかけて行うのほうが より効果的なのだそうです。

やり方

1.仰向けになったら、膝を体育座りくらいに膝を立てます。

 

2.つま先は斜め45度にあげます。

 

3.あごを引いて おへそを覗き込むようにゆっくりと起き上がります。

健康ちゃん
健康ちゃん

初心者のかたは1日10回・2セットを目標に行うのがいいそうです。

スポンサーリンク

効果的なスクワットのやり方

足幅が狭すぎるスクワットは筋トレの効率を悪くしてしまいます。

足幅が狭い状態でのスクワット太ももの前ばかりに負荷がかかり、女性の気になる内ももやお尻への負荷が減ってしまいます。

ティップネスのオススメのスクワットのやり方は シッカリと足幅を開いて負荷をかける方法です。

やり方

1.足幅は肩幅よりもワイドに開き、つま先は45度にむかせます。

 

2.後ろにある椅子に座るようなイメージで腰を落とします。

スネと上体が並行になるように意識しましょう。
こうすることでお尻と内ももにシッカリと負荷をかけることができます。

初心者のかたは1日10回・2セットを目標に行うのがいいそうです。

 

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございます。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました