健康 生活

デジタル眼精疲労に効果的!目の疲労を10秒で改善する方法・歯ブラシエクササイズ【教えてもらう前と後】

健康

2020年3月3日の教えてもらう前と後では目の疲労を10秒で改善する方法を紹介していました。

デジタル眼精疲労が増加中【教えてもらう前と後】

最近、スマホやパソコンの使用頻度が多い人見受けられる新しい病「デジタル眼精疲労」が多くなっているそうです。

このデジタル眼精疲労は眼精疲労から体に様々な症状が出てしまう新しい病です。

スポンサーリンク

デジタル眼精疲労の症状

健康的な人の目はまばたき1分に20回以上ですが このまばたきの回数が少ないとデジタル眼精疲労の可能性が高いそうです。

スマホやパソコンは凝視するため まばたきが3分の1以下に減ってしまいます。

まばたきが少なく凝視すると目の周りの筋肉が凝り固まってしまい、頭痛や肩こりを誘発してしまう可能性があります。

デジタル眼精疲労のチェック方法

デジタル眼精疲労の危険性をチェックするには暗い所で写真を撮るだけで分かります。

暗がりで2〜3mほど離れてフラッシュをたきながら写真を撮ってみましょう。

フラッシュをたいて撮影したときに赤目になっている人はデジタル眼精疲労の度合いは低くなります。

逆に赤目にならない人はデジタル眼精疲労の度合いが高くなります。

赤目になる理由

赤目になる現象は眼の眼底の部分の網膜に光が反射して赤目が起こります。

デジタル眼精疲労の度合いが高い人は眼の瞳孔の筋肉が疲労し、瞳孔が小さくなり光が入りにくくなるので光が眼底まで届かなってしまうので赤目になりにくくなります。

デジタル眼精疲労の改善方法

デジタル眼精疲労を改善するポイントは「空」「タオル」「歯ブラシ」!

眼は遠くの景色を見るのが良いと聞きますが、デジタル眼精疲労の人が見るのに適しているのは「雲のかかった空」です。

雲ひとつない青空はたくさんのブルーライトが出ていて 眼精疲労を悪化させてしまいます。

ブルーライトはパソコンやスマホの画面から出ている青い光のことです。
このブルーライトを浴びすぎてしまうと眼精疲労が進んでしまいます。

なんと雲ひとつない快晴はパソコンのおよそ3倍ものブルーライトが降り注いでいます。

健康ちゃん
健康ちゃん

パソコンを多用する人はブルーライトの少ない曇り空を見るほうが眼に良いです。

眼は冷やしてから温める

眼の周りの筋肉を通る毛細血管を冷やし、そのあとに温めて緩めれば筋肉がほぐれ血行が良くなります。

濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やし、入浴中に眼に当てて1分間キープします。

そのあと、湯船のなかでタオルを温めて眼に当てて3分間キープすれば1回の行程で済んでしまいます。

この行程を入浴ごとに繰り返せば眼精疲労が軽減されるそうです。

歯ブラシでエクササイズ

歯ブラシの持ち手の柄の先をこめかみのくぼみに当てて10秒ほど強めに押して軽く回します。

これを左右行います。

指で行ってもOKですが、指よりも歯ブラシの柄の先のほうが感触もよく快適に感じられます。

健康ちゃん
健康ちゃん

鏡をみて位置を確認しながら行ったほうが確実です。

このエクササイズを行うことで眼の周りの血流がよくなり筋肉がほぐれます。

冬子
冬子

1日1回 歯磨きの後にすれば効率的ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました