レシピ グルメ ZIP

ZIP|サイエンススイーツ【温度差アイス・砂糖細工・無重力パフェ】の作り方

レシピ

2020年8月20日の日本テレビ系ZIPでは、話題のサイエンススイーツの作り方を紹介していました。
メレンゲを活用したパフェやアイス、べっこう飴の性質を利用した飴細工など楽しみながら作れるスイーツレシピは必見です。

話題のサイエンススイーツレシピ

砂糖細工レシピ

砂糖は加熱すると7变化します。

145℃を超えてくると飴状になっていき、165℃になるとべっこうあめの状態に そして165〜185℃でカラメルソースに変化していきます。

べっこう飴の状態は簡単に伸びで冷めると固くなるためスイーツとして加工しやすい状態となります。

材料

砂糖・・・100g
水・・・20ml

作り方

1.鍋に水・砂糖を入れて火にかけます。

 

2.弱火で煮詰めていくと、砂糖が165℃の熱でべっこう飴のような茶褐色に変化します。

砂糖は熱を加え続けると粘り気と色が変化してきます。

 

3.お好みの太さの筒に巻きつけて固まるのを待ち、あめを抜き取れば完成です。

キャラメルクラウンレシピ

165℃に熱した砂糖水をスプーンの背にかけます。

冷まして固めたら、滴が落ちたようなキャラメルクラウンを作ることができます。

スポンサーリンク

 

温度差アイスレシピ

メレンゲの主成分は水とタンパク質です。

タンパク質は熱伝導率が低く、泡立てることで空気をたくさん含むため より熱伝導率が低くなります。

卵白に含まれるタンパク質は空気を多く抱え込む気泡性という性質で作るメレンゲは断熱性が高くなります。

材料

卵白
アイスクリーム

作り方

1.卵白を泡立ててメレンゲを作ります。

 

2.耐熱容器(スキレット)にアイスクリームを盛り付け、①のメレンゲを絞り器で絞り出し、隙間なくアイスクリームを包みます。

 

3.200℃のオーブンで4分ほど加熱したら完成です。

 

無重力パフェレシピ

メレンゲは空気変性という同じ形をキープする力が働きます。

空気変性とは空気に触れたタンパク質が膜状に硬くなる性質のことで、これによって逆さになっても下に落ちることがありません。

材料

卵白
クッキー
グラノーラ

作り方

1.卵白を泡立て器で泡立て、メレンゲを作ります。

 

2.グラスにお好みのグラノーラを入れます。

 

3.クッキーに①のメレンゲを絞り出し、ひっくり返して②のパフェの上にのせます。

 

4.さらに、ひっくり返したクッキーの上にメレンゲを絞り出したら完成です。

 

▼話題のサイエンススイーツ【溶けないアイス&色が変わるゼリー】レシピ▼

【メレンゲの気持ち】溶けないアイス・色が変わるゼリー サイエンススイーツの作り方【ノンストップ】
日本テレビ系列・世界一受けたい授業・メレンゲの気持ちや、フジテレビ系列ノンストップで話題のサイエンススイーツより【溶けないアイス】・【色が変わるゼリー】レシピを紹介していました。 さらに、ZIPでは温度差アイスや無重力パフェも紹介し...

サイエンススイーツとは

科学の知識を駆使したお菓子作りは学びながら美味しいスイーツを作ることができます。

サイエンススイーツのレシピ本は5ヶ月で6回重版されるほどの人気となっています。

さいごに♪

ZIPで紹介されたサイエンススイーツレシピでした。

どのスイーツも科学実験をしているかのような感覚になるほど楽しみながら作ることができます。

作っても楽しく、食べても美味しいサイエンススイーツは大注目されている理由がわかりました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました