グルメ グルメスポット マツコの知らない世界

【マツコの知らない世界】イチゴにブドウにメロン!フルーツパフェが美味しいお店まとめ

グルメ

2019年10月22日のマツコの知らない世界では、フルーツが美味しいパフェの世界を紹介していました。今やコンビニやファミレスなどでもフルーツや季節の食材を最大限に生かしたパフェが進化して続々登場しています。そんな進化系パフェの中でも、フルーツの良さを最大限に引き出した究極のパフェを提供しているお店をまとめてみました。

【マツコの知らない世界】パフェが美味しいお店まとめ

甘くて最後まで食べられないパフェは今や昔!
今や最もフルーツを美味しく食べることができるスイーツというのが進化系パフェだそうです。

これまでパフェを500種類以上食べ尽くしてきた小泉亮祐さんがフルーツの良さを最大限に引き出しただ甘いだけじゃない究極のパフェを紹介してくれました。

BORTON【グラスデザート】

国立にあるBORTONというお店の【グラスデザート(1,252円/税込み)】に感銘を受け、ケーキ好きから一転パフェ好きになってしまうほど美味しさはもちろん 見た目も美しいパフェがいただけるお店です。

フルーツの良さを最大限に引き出すパフェ 3つのポイント

進化系パフェの特徴は最後まで飽きずに食べられること!

その条件として重要なのが【食感の良さ】【味の変化】【カッティング】だと言います。

3つの新食感!ブドウのパフェ

フルーツそれぞれによっても食感は違ってきますが 仕込みや調理法、盛りつけによって様々な食べ方で変化をつけることによって最後まで飽きずに食べることができます。

そんな食感の良さが際立つ「デザートカフェ ハチドリ」の【ブドウのパフェ ローズとグリーンアニスの香り】パフェは3つの新食感が味わえます。

デザートカフェ ハチドリ

神奈川県逗子市にお店をかまえる「デザートカフェ ハチドリ」さんは外観からオシャレなお店です。

こちらでいただける【ブドウのパフェ ローズとグリーンアニスの香り(1,600円/税込み】はシュワシュワな食感を出すためにブドウのシャーベットの周りに炭酸泡を使用しているので、食べたときにシュワ~とした食感が口に広がります。

シャインマスカットのシャキシャキ感をより引き立たせるために、隠し味としてを混ぜています。

さらに赤ブドウをゼリー状にすることで弾ける食感を生み出しています。

味の変化の最高峰!イチゴパフェ

クリームやアイスだけの単調な味ではなく フルーツの味を変化させることで飽きずに食べることができます。

「ラトリエモトゾー」さんの【コッパ アッラ ブルッチャータ】はイチゴが様々な味に変化するのが楽しめます。

ラトリエモトゾー

池尻大橋から徒歩2分のところにある「ラトリエモトゾー」さんは もともとイタリア菓子の山門店さんです。

パフェだけではなく和栗を使ったイタリアンスタイルのモンブランや洋梨・カスタード・チョコレートを組み合わせたイタリアの定番菓子などケーキも多く扱っています。

こちらのスゴイのがイタリア政府が味や品質を保証したお店に贈るという「イタリアホスピタリティー国際認証マーク」を2011年に受賞されていて日本のパティスリー界 初の快挙だというところです。

そんなラトリエモトゾーさんでいただける【コッパ アッラ ブルッチャータ(1,566円/税込)】はイチゴ・木苺・ブルーベリーの3種類のベリーを使用したパイが乗った見た目も美しいパフェ!

ブリュレアイスと薄めのイチゴを一緒にいただくことで甘みと酸味を交互に感じることのできる1層目、そして味が濃い木苺を使用したジェラートでスッキリと味わえる2層目、最後にはパイ・スポンジ・フローズンストロベリーのソースが混ざることで甘みの中にほろ苦さと塩気を感じることができます。

グルメちゃん
グルメちゃん

甘み酸味塩気・ほろ苦さに変化することで飽きずに完食することができる計算されたパフェです。

様々なカッティングが最高の味に!【ぶどうパフェ】

カットの仕方・剥き方を変えることで最後まで飽きずに食べることができます。

フルーツを乗せるだけだったカフェが多かった昔に比べて、いまパフェを提供する くだもの店さんが増えました。

フルーツのスペシャリストだから分かるフルーツの味の良さを最大限に引き出したパフェが増加中です。

グルメちゃん
グルメちゃん

たとえば「フルーツパーラー」さんなどが有名ですね!

フルーツすぎ

大塚駅から徒歩2分のところにある「フルーツすぎ」さんは商店街にある くだもの屋さんなんですが、果物を売っているなかにイートイン席が4席だけあります。

そこでは旬のフルーツを贅沢に使ったパフェが大人気で多い時には40人も待つという人気店です。

そちらでいただけるのが【果物屋さんのこだわりぶどうパフェ(1,680円/税込み)】です。

ジュエルマスカット 宝石のような輝きを持つ希少品種で皮の渋みも人気のため丸ごと提供されています。

マイハート 2013年に誕生した希少品種で、強い甘みとみずみずしさが人気です。半分に切ることで断面が舌に当たり みずみずしさがダイレクトに感じられます。

シャインマスカット スーパーやコンビニにも並ぶ人気の品種で、大粒で酸味が少なく甘みが強いのが特徴です。縦にきることで甘さのバランスをよくしています。

など、7種類の高級ブドウを使用してブドウの食べ比べをすることができます。

最強のパフェ

1868年 千疋屋(日本橋本店)がフルーツパーラーの前身となる果物食堂をオープンし、「果物をもっと広く食べてほしい」という思いからパフェに入れフルーツパフェが生まれたそうです。

そんなパフェ文化を生んだともいわれる下町で大ブームを起こしているのが「浅草よろず茶屋444」さんの【マスクメロンのめろんみるく】です。

浅草よろず茶屋444

浅草駅から徒歩10分のところにある「浅草よろず444」さんの444は番地からつけられています。

こちらで味わえる【マスクメロンのめろんみるく(3,300(税込)】は見た目にもインパクト大の特大パフェ!

フルーツを丸ごと楽しんでもらいたいという理由から作られたこちらの氷パフェの氷は濃厚な牛乳で作った氷を使用しておりメロンとの相性がバツグンです。

終盤からかけると味変にもなる「メロン味のシロップ」も特大パフェを飽きさせない秘密です。

グルメちゃん
グルメちゃん

こちらのパフェは季節ごとに糖度の高いメロンを取り寄せて作られています。

さいごに♪

いかがでしたか!?

様々な進化を遂げるパフェは、食べる人のことを考え計算つくされているんですね!

甘いものが あまり得意ではない人もフルーツの甘みや酸味ならば食べやすく、さらにフルーツの酸味が得意ではない人にはアイスやソースなどでスラスラといただけるかもしれません。

ぜひ気になるパフェを試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました