グルメ おうちでごはん ノンストップ

ノンストップ|注目の珍しい野菜とレシピ【ビーツの冷製ポタージュ・ロマネスコグラタン・オカワカメのみそ春巻き・コリンキーのアヒージョ】の作り方

グルメ

2020年7月20日のノンストップでは、いま注目されているめずらしい野菜と調理方法を紹介していました。

いま注目のめずらしい野菜と調理方法

珍しい野菜の解説と調理方法をまとめます。

ビーツ

ビーツはボルシチなどに使われていることで知られています。

日本でも北海道や熊本などで栽培されていて、加熱したときの甘さが特徴的です。

抗酸化作用や免疫機能の改善などに効果があるといわれています。

グルメちゃん
グルメちゃん

ビーツはほうれん草の仲間で、江戸時代から食べられていたそうです。

夏にピッタリ!【ビーツの冷製ポタージュ】レシピ

 

1.ビーツを皮のまま電子レンジで5分加熱します。

 

2.炒ったクルミとビーツ・水をミキサーに入れて撹拌します。

 

3.鍋にココナッツミルク・コンソメ・②・塩・コショウを加えて3分ほど煮ます。

 

4.粗熱をとったら、冷蔵庫で冷やして完成です。

 

グルメちゃん
グルメちゃん

牛乳をベースにしたり、ジャガイモを加えても美味しいのだそうです。
濃厚なので、ディップソースにしたり肉や魚にかけてもOK!

スポンサーリンク

コールラビ

コールラビはカブのような形ですが、味はキャベツそのものの味わいがします。

ビタミンCが豊富なコールラビは長く煮込み、汁ごと飲む料理にピッタリなのだそうです。

ロマネスコ

ロマネスコは味はブロッコリーより薄めで甘みがあり、ビタミンCが多くヨーロッパでは一般的な食材として使用されています。

旬は冬ですが、いま日本では冷凍のロマネスコも出回っており通年食べられるようになっているほど注目されているお野菜です。

ロマネスコのグラタンレシピ

1.冷凍ロマネスコを耐熱皿に並べてホワイトソースとカレー粉と混ぜ合わせます。

 

2.チーズをのせ、オーブンやトースターで焼いたら完成です。

スプラウト

ブロッコリースプラウト、青じそスプラウト、マスタードスプラウトなど様々な種類が出ているスプラウト。

スプラウトとは発芽直後の新芽です。

発芽直後はこれから成長するための栄養をたっぷりと蓄えているため、栄養価の高さに注目が集まり様々な種類のスプラウトが作られるようになったそうです。

ちなみに、マスタードスプラウトはセイヨウカラシナの新芽で、カイワレは大根の新芽です。

グルメちゃん
グルメちゃん

スプラウトは味わいがまったく違うので、料理ごとにスプラウトを変えて使い分けるのがオシャレな使いかただとか!

青じそスプラウトは豆腐や刺し身などに、マスタードスプラウトはサンドイッチやホットドックにプラスするのがオススメです。

オカワカメ

オカワカメは今ブームになっている野菜です。

オカワカメは熱帯アメリカや熱帯アジアに自生する つる性の多年草で、ビタミンやミネラルがとても豊富なので健康野菜として人気が出ています。

茹でるとワカメのような粘り気と味わいが楽しめます。

オカワカメのみそ春巻きレシピ

1.オカワカメを洗って水気を切ります。

 

2.塩こうじと味噌を混ぜ合わせます。

 

3.春巻きの皮にオカワカメ・カッテージチーズ・塩こうじ味噌の順でのせて巻きます。

 

4.フライパンの油で5分ほど揚げたら完成です。

グルメちゃん
グルメちゃん

お好みでカニカマをプラスしても美味しいのだとか!

コリンキー

コリンキーは生食用のカボチャです。

加熱をすると、グッと甘みが引き出されますが、そこまで濃厚な甘さではなく優しい甘さとなるので、強い甘さが苦手な方にもピッタリです。

コリンキーのアヒージョレシピ

1.コリンキーを適当な大きさに切ります。

 

2.スキレットにボイルしたタコ・ニンニク・オリーブオイル・塩・コショウ・コリンキーを入れて煮込んだら完成です。

お好みでクミンやターメリックなどを加えても!

 

さいごに♪

ノンストップで紹介された、いま注目されている珍しい野菜の数々と調理方法でした。

見た目にもオシャレな珍しい野菜の数々ですが、調理方法が分からないため手にとるのを ためらっていました。

栄養価も高いうえお料理が華やかになるので、調理方法が分かれば試してみたくなります。

スーパーやマルシェで見かけたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました