レシピ グルメ

ノンストップ!笠原将弘シェフ【カツオとクレソンの手こねずし】レシピ

レシピ

2020年5月5日のノンストップでは賛否両論の笠原将弘シェフが【カツオとクレソンの手こねずし】を紹介していました。

笠原将弘シェフのカツオとクレソンの手こねずしレシピ【ノンストップ】

いまが旬の初ガツオを使用した鮮やかな1品です。

酢飯のほろ苦いクレソンと甘めのタレが染み込んだカツオが相性バツグンです。

材料(2人分)

カツオ(刺身用)・・・100g
クレソン・・・1/2束
温かいご飯・・・300g
焼き海苔・・・1/2枚
いりゴマ(白)・・・大さじ1/2

《カツオ漬け汁》
しょう油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
ショウガ(すりおろし)・・・小さじ1/2

《酢飯》
酢・・・大さじ2+1/2
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1

スポンサーリンク

作り方

1.クレソンは葉をつんで茎は小口切りにします。

 

2.カツオは皮を除いて2cm角に切ります。

カツオは他のお刺身でも代用可能です。

 

3.ボウルに《a》の材料を混ぜ合わせ、②のカツオを加えて10分ほど漬けます。

甘めのタレでコクうまに!

 

4.《酢飯》の材料を混ぜ合わせます。

 

5.別のボウルに温かいご飯・④の合わせ調味料を加えて切るように混ぜ合わせたら、①で切ったクレソンの茎を混ぜ合わせます。

クレソンの茎を混ぜて食感と香りのアクセントに!

 

6.器に⑤のご飯を盛り付け、焼き海苔をちぎって散らします。

 

7.③のカツオの汁気を少し残してきって⑥にのせたら①のクレソンの葉・白いりゴマを散らして完成です。

トッピングは大葉やミョウガなどお好みでプラスするのもオススメです。

教えてくれたのは笠原将弘シェフ

笠原将弘シェフは割安で敷居が高くないカジュアルな雰囲気なのに本格和食を味わえる日本料理「賛否両論」を営まれています。

メディアでも数々の和食レシピを披露している人気料理人のかたです。

前回のノンストップでは【鶏モモの香草焼き】を紹介していました。

ノンストップ!笠原将弘【鶏モモの香味焼き】レシピ
2020年4月28日のノンストップ!では和食の名店・賛否両論の笠原将弘シェフが【鶏モモの香味焼き】を紹介していました。

さいごに♪

見た目も鮮やかなカツオとクレソンの手ごねずしでした。

気温の上がってきたいま、涼しげな献立が嬉しいですね。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました