レシピ グルメ ノンストップ

ノンストップ|スダチとカボスの使い分け方法【カボス卵かけご飯・すだち酢飯の海鮮バラちらしずし・スダチの串焼き】レシピ

レシピ

2020年8月17日のフジテレビ系ノンストップの大人磨き研究所では、夏に上手に使いたいカボスとすだちの魅力について紹介していました。
暑くて食欲の出にくいとき、スッキリといただくことのできるスダチやカボスの特徴を生かした使い分け方法や切り方、保存方法は必見です。

すだちの魅力と使い方

スダチは酸味が強めでスッキリとした香りが特徴です。

サンマなどの青魚や、牛肉のステーキ、ギョーザなどと相性バツグンです。

グルメちゃん
グルメちゃん

ホテルニューオータニの総料理長はスダチは生臭さを抑えてくれるのでカツオやイワシの出汁、ちらし寿司の酢飯などに合うとおっしゃっていました。

スポンサーリンク

ホテルニューオータニ総料理長のスダチ海鮮バラちらしレシピ

材料

刺し身
ご飯・・・180g
酢・・・・20g
スダチ

《つけダレ》
しょう油・・・大さじ2
昆布だし・・・大さじ1
カボス

作り方

1.ご飯に酢を混ぜ合わせます。

 

2.半分に切ったスダチをガーゼにくるんで、①に果汁を絞り入れます。

 

3.スダチの皮を軽くすって加えて香り付けをし混ぜ合わせます。

 

4.《つけダレ》の材料のしょう油に昆布だしを混ぜたところに、半分に切ったスダチを絞り入れます。

 

5.酢飯を器に盛り付け、s刺し身の両面に④のつけダレを浸し、酢飯の上にのせたら完成です。

 

スダチの串焼きレシピ

スダチの香りが強いので塩分を控えても美味しくいただけます。

材料

牛肉(ステーキ用)・・・2枚(300g)
スダチ・・・3個
オリーブオイル・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/2〜1/3(2〜3g)

作り方

1.スダチ(1個)は果皮をすりおろして、果汁を絞ります。

 

2.牛肉に①のスダチ・オリーブオイル・塩を揉み込みます。

 

3.残りのスダチ(2個)は6等分のくし切りにします。

 

4.串に牛肉・スダチのくし切りを交互にさして グリルの強火で7〜8分焼けば完成です。

 

その他のアレンジレシピ

さらに、スダチはちりめん+スダチ+しょう油をご飯にかけるとサッパリとして美味しいのだそうです。

かぼす

カボスは酸味がまろやかで、優しく爽やかな香りが特徴です。

あっさりとした鍋料理や白身魚の刺身、天ぷら、はちみつドリンクなどと相性バツグンです。

ホテルニューオータニ総料理長のカボス生卵かけご飯レシピ

材料

ご飯

カボス
しょう油

作り方

1.ご飯のうえに、卵をのせてカボスを上から絞ります。

 

2.カボスの皮をすりおろしてかけ、卵とカボスをかきまぜたら完成です。お好みでしょう油をかけて召し上がってください。

 

その他のアレンジレシピ

カボスは味噌汁に絞り入れたり、カレーライスなどに入れたりしても合うのだそうです。

美味しいカボス&スダチの選び方と切り方

スダチもカボスともに

・緑色が濃く、皮にハリとツヤがあるもの
・ヘタが緑色のもの
・手に持って重みがあるもの

を選ぶのが良いそうです。

 

スダチとカボスの美味しさを最大限に生かす切り方

カボスもスダチもともに房に対して垂直にしてしまうと、薄皮が残ってしまい果汁が十分に絞れません。

なので、切るときは房に対して横に切るのがオススメ!

さらに半分に切ったものを3等分にくし切りにすれば絞りやすくなります。

絞るときは皮を下にして絞るのがオススメ!

皮を下にして絞ると果汁が果皮を伝って香りが活かされます。

カボス・スダチの保存方法

カボス・スダチはともに保存袋に密閉して冷蔵庫で保存すれば約1ヶ月くらいは美味しくいただけます。

大量にある場合は絞りやすい形に切ってから保存袋で密閉して冷凍庫がオススメです。

さらに果汁を絞って製氷機で冷凍する方法もキューブごとにお料理に使うことができるので便利です。

 

健康ちゃん
健康ちゃん

カボスもスダチもともに 栄養面ではカリウムやビタミンC、クエン酸などが豊富なため 食欲増進や疲労回復などの効果が期待できますので、暑い季節にピッタリの食材です。

 

さいごに♪

ノンストップで紹介されたスダチやカボスを最大限に楽しむ使い方でした。

夏にピッタリの爽やかな香りが特徴のスダチとカボス、サンマに添えたりと定番の使いかたのみでしたが、こんなに使い方があるとは驚きでした。

猛暑が続く夏、カボス&スダチでサッパリと食欲を増進させて元気に過ごしたいですね。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました