グルメ おうちでごはん

ノンストップ|おいしく長持ちさせる食品保存方法!夏野菜&お肉を美味しく保存!

グルメ

2020年6月22日のノンストップではこれからの季節にピッタリの正しい食品保存術を紹介していました。

梅雨に最適!食品の保存術【ノンストップ】

梅雨時の買いだめもOK!美味しく長持ちさせる保存方法をまとめます。

スポンサーリンク

もやしの保存方法

もやしは次の日に食べるのならばチルド室で保存しましょう。

もやしは水分が多く低い温度を好むので、買った袋のまま 野菜室ではなく温度の低いチルド室に入れておくと鮮度をキープすることができます。

さらに、チルド室保存をするさいに 爪楊枝をつかって、もやしの袋に1ヶ所穴を空けましょう。

こうすることで、生きているもやしの酸欠を防ぎ袋内を乾燥させることができます。
少量の酸素を入れてあげると3日ほど鮮度をキープすることが可能です。

残ったもやしの保存術

残ってしまった もやしは容器に入れ、かぶるくらいの水を浸してラップ もしくはフタをしてあげて冷蔵室保存をしましょう。

生活ちゃん
生活ちゃん

毎日水を替えれば、1週間ほど保存することが可能となります。

冷凍もやし

もっと長くもやしを保存させたい場合は冷凍がオススメです。

開封前は袋のまま、開封後は保存袋に入れて保存することで2〜3週間ほど保存が可能となります。

凍ったまま調理することができますが、シャキシャキ感はなくなるのでスープや野菜炒めなどに使うのがオススメだそうです。

スポンサーリンク

夏野菜の保存方法

これからの時期に役立つ!夏野菜の美味しい保存術です。

枝豆&トウモロコシ

枝豆やトウモロコシは収穫後すぐに甘味が落ちてしまいます。

なので、すぐに冷凍するのがオススメだそうです。

枝豆の保存方法

洗った枝豆を冷凍用保存袋に入れて冷凍すれば1〜2ヶ月おいしく保存することができます。

 

生活ちゃん
生活ちゃん

新鮮なうちに冷凍ができれば甘味もキープできるそうです。
食べるときは凍ったまま塩ゆでをするだけでOK!

 

トウモロコシの保存方法

トウモロコシはひげ根と汚れた皮を2〜3枚ほどとり、冷凍用保存袋に入れて冷凍すれば1〜2ヶ月ほど保存が可能です。

数枚残した皮がラップの代わりをしてくれます。
食べるときは凍ったまま電子レンジで温めるだけで ゆでトウモロコシになっちゃいます。

オクラの保存方法

オクラは洗ってからキッチンペーパーで包みポリ袋に入れ、野菜室に入れれば1週間おいしさをキープしたまま保存することが可能です。

夏野菜は水気と寒さに弱いのでペーパーで包んで、これらを防げるそうです。

 

生活ちゃん
生活ちゃん

しかし、一番のオススメは冷凍だそう!
洗って保存袋に入れて冷凍すれば1ヶ月ほど保存が可能です。
冷凍することでオクラの産毛が気にならなくなり時短調理となります。

 

キュウリの保存術

キュウリはヘタの向きを合わせてキッチンペーパーで巻き、ポリ袋に入れたらヘタを上にして立てて野菜室で保存します。

キュウリは水分がどんどん出てきてしまい、隣り合わせになっていると その水分同どうしで劣化の原因なってしまうので適度な水分をとるためキッチンペーパーを巻いてキュウリ同士がくっつくのを防ぎます。

キッチンペーパーが濡れてきてしまったら取り替えて、同様に保存すれば10日ほど保存することが可能です。

 

野菜は育った環境と同じようにすることで鮮度が長くキープできます。

キュウリと同様、ほうれん草などの葉物野菜も立てておくだけで1週間ほど、ブロッコリーは容器に少し水を入れて立てておけば10日ほど保存が可能だそうです。

生活ちゃん
生活ちゃん

ブロッコリーの水は2〜3日ほどで替えましょう。

 

トマトの保存術

トマトはキッチンペーパーで包んでヘタを下にして野菜室に入れることで1週間ほど保存することが可能です。

肉厚なヘタの周りを下にすることで、トマト自体がつぶれにくくなるため劣化が遅くなります。

お肉の美味しい保存方法【ノンストップ】

豚バラの薄切り肉の保存方法

薄切り肉は消費期限内ならばパックのままチルド室保存でOK!

長期保存ならば冷凍がオススメですが、パックのままではなく 空気が入らないように肉をラップで包んで密閉し、保存袋に入れて冷凍します。

お肉を手で触ると細菌の増殖の可能性があるため なるべく直接触らないようにしましょう。

オススメの冷凍場所はアルミバットの上です。

冷えたアルミバットに直接置くと熱伝導率が高く通常よりも早く凍らせることができるため、美味しさをキープしたまま1ヶ月ほど保存することができるそうです。

生活ちゃん
生活ちゃん

厚切り肉も冷凍方法は同じです。

 

冷凍お肉の美味しい解凍方法

1.耐熱皿にキッチンペーパーを敷きます。

2.冷凍した肉のラップを外して手で触らないようにキッチンペーパーの上に置きます。

3.電子レンジで解凍します。

ラップをかけたまま解凍してしまうと、熱がこもって一部に火が通りやすくなってしますが、キッチンペーパーを敷いてラップなしで解凍すればキレイに解凍ができます。

 

ひき肉の保存方法

ひき肉はパックのままではなく、ひき肉の量に合う保存袋に直接入れ、保存袋の上から空気をぬくようにしながら隙間なく広げて保存すれば3週間ほど保存可能となります。

保存袋の上から菜箸で分け目をつけて冷凍すれば、必要なときに折って取り出すことができます。
生活ちゃん
生活ちゃん

空気をなるべく入れないために、ひき肉の量に合わせた保存袋で保存するのがオススメだそうです。
このときもお肉を直接触らないように気をつけてください。

 

めんつゆの保存方法

めんつゆは保存料を使用していないので傷みやすくなっています。

ストレートタイプは開栓したら3日以内に、2倍濃縮タイプは1〜2週間が使い切りの目安となります。

めんつゆの保存方法

めんつゆは製氷皿に入れて冷凍保存するのがオススメです。

生活ちゃん
生活ちゃん

つけ汁が薄まらずに冷やせるうえ、調理のときの隠し味にも使えます。

 

さいごに♪

ノンストップで紹介された食品の美味しく長持ちする保存方法でした。

これから食品が傷みやすくなる時期になるうえ、なかなか頻繁にスーパーへ行くことも難しくなっているため、買いだめが必須なことも多いかと思います。

上手に食品を保存して美味しく食事を楽しみたいですね!

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました