グルメ おうちでごはん

【秘密のケンミンショー】全国ご当地練り物3選と美味しい食べ方まとめ!がんす・ハトシ・笹かまぼこ

グルメ

2020年3月19日の秘密のケンミンSHOWでは全国の絶品ご当地練り物を紹介していました。

全国ご当地練り物まとめ!【秘密のケンミンSHOW】

うまみがギュッとつまった練り物は各地によって個性がバクハツしています!

広島県 がんす

広島県のがんすは見た目はハムカツのような練り物ですが、玉ねぎを練り込んだすり身のフライです。

瀬戸内海産の地魚をすり身にし、玉ねぎ・魚介の出汁などを入れてパン粉をまぶして揚げてできるがんすは県内の多くの練り物メーカーさんが販売するがんすは各社それぞれ味わい違っています。

スポンサーリンク

がんすの美味しい食べ方

がんすはフライパンなどで焦げ目をつけながら焼き上げ、そのまま食べるだけでも美味しいです。

グルメちゃん
グルメちゃん

七味唐辛子にマヨネーズをつけて食べてるのも定番なのだそう!

さらに、細切りにして焼きそばやうどん、カレー、サンドイッチ、おでんなどの具材としても大活躍してくれます。

長崎県 ハトシ

長崎県のハトシは食パンにエビのすり身などを挟んで揚げた練り物です。

バナメイエビをすり潰し、砂糖やしょうが汁などで味をととのえてすり身にし、切れ目の入った食パンにすり身を挟みセイロで蒸してから揚げます。

蒸すことによって中のエビがかまぼこ状になることでパンの焦げを防ぎ食感が良くなります。

ハトシの発祥は

ハトシはポルトガルと中国の調理法をヒントに江戸時代に長崎で誕生しました。

広東語で表記されるハトシは蝦吐司と書かれ、ハは蝦・吐司はトーストのことを示しているそうです。

もともとはお祝い事で出される和華蘭料理こと卓袱料理の1品として提供されていましたが、現在では様々なお店で提供されバリエーションも豊富になっているのだとか!

 

宮城県 笹かまぼこ

宮城県の笹かまぼこは私たちもよく知るメジャーな練り物ですが、メーカーさんにより味わいも様々です。

風味や食感などの違いでお好みの味があるのだそう!

笹かまぼこは板かまぼこも材料は基本的に同じですが、蒸して仕上げる板かまぼこと違って笹かまぼこは蒸さずにそのまま焼いて仕上げています。

焼くことによって弾力はもちろん、魚の旨味や風味が増すのだとか。

笹かまぼこの美味しい食べ方

笹かまぼこはトースターなどでさらに焼くことによって笹かまぼこの魚の風味や弾力がアップして究極の笹かまぼこになるのだそうです。

グルメちゃん
グルメちゃん

さらに、笹かまぼこを大葉に挟んで天ぷらにしたり、笹かまの肉野菜炒め、酢の物、笹かまチーズピザトーストにしたりと様々なアレンジをすることが可能です。

さいごに♪

いかがでしたか!?

全国各地の練り物はそのままではもちろん、様々な旨味があるのでお料理にもピッタリです。

ぜひ見かけたら食べてみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました