グルメ おうちでごはん

ロングセラー商品の歴史 ゆかり・ミルキー・ブルガリアヨーグルト!アレンジレシピ「ミルキーソース」も【ヒルナンデス】

グルメ

2020年2月20日のヒルナンデスでは、ロングセラー商品の歴史を紹介していました。

ロングセラー商品の歴史【ヒルナンデス】

ブルガリアヨーグルトの歴史

発売から49年も経つ明治ブルガリアヨーグルトは、昔容器が牛乳と同じパックだったそうです。

もともと、牛乳などの乳飲料を販売していたため同じ容器を採用していました。

さらに、当時はブルガリア大使館から国名の使用許可が下りなかったためプレーンヨーグルトとして販売していたそうです。

当時の日本では固く甘いヨーグルトが主流となっていたため、本場の味である酸味のあるヨーグルトが受け入れ難かったそうです。

さらに牛乳パックと同じ容器は一度開けると食べきるまで閉じられないということで人気が出なかったそうです。

そこで、1981年に今でも販売されている蓋付きにして消費者の不安を解消したことで売り上げが急上昇したそうです。

現在では、R1やLG21など様々なヨーグルトを開発し、今年1月にはアポロとのコラボも果たしています。

スポンサーリンク

ゆかり

三島食品のゆかりは、販売から50年経っていますが、この50年間ほとんどパッケージが変わっていません。

しかし、今年2月 大幅にパッケージがリニューアルされました。

健康志向によって減塩化減塩を望むお客さんが急増し象徴的だった赤紫蘇の紫から減塩をイメージした白にパッケージを変更。

塩分30%の減塩ゆかりが誕生しました。

そんなゆかりですが、じつはシリーズ化されています。

1970年に誕生した赤じそ味のゆかり。

1984年には青じそ味のかおりが。

2010年には明太子味のあかりが誕生しています。

グルメちゃん
グルメちゃん

ゆかり・かおり・あかりは三姉妹シリーズとして人気が出ています。

 

そして、今年2月には新商品「うめこ」が新しく販売開始!
姉妹との関係性は未定ですが、大きぶりの梅がカットされておにぎりにピッタリのふりかけとなっています。

 

ミルキー

販売から69年経っているミルキーは栄養価が高く子どもが安心して食べられるお菓子を作りたいと考案して作られました。

「ミルキーはママの味」というのは母乳の懐かしさ・お母さんの優しさを表現しているそうです。

そんなミルキーは現在SNSやブログを中心にアレンジレシピが続々と誕生して話題となっています。

ミルキーソースレシピ

ミルキーと生クリームを耐熱容器に入れて電子レンジで温めます。

よく混ぜ合わせたら完成!

グルメちゃん
グルメちゃん

フルーツにかけるだけで絶品おやつとなります♪

さいごに♪

いかがでしたか!?

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました