レシピ グルメ

【ヒルナンデス】五十嵐美幸シェフのフライドチキンレシピと美味しい餃子の焼き方。

レシピ

2020年4月6日のヒルナンデス!ではチャイニーズレストラン美虎の店主・五十嵐美幸シェフがフライドチキンの作り方を紹介していました。

五十嵐美幸シェフのフライドチキンレシピ【ヒルナンデス】

自宅でお店のような美味しいフライドチキンの作り方!

肉に塩をシッカリと振って、低温の油でゆっくりと揚げるのがポイントです。

材料(2人分)

鶏手羽元・・・6本
塩・・・大さじ1/2
コショウ・・・少々
片栗粉・・・少々

《a》
天ぷら粉・・・80g
すりごま・・・大さじ2
ニンニク(すりおろし)・・・大さじ1
しょう油・・・大さじ1
水・・・60ml

作り方

1.鶏手羽元は骨に沿ってハサミを入れて開きます。塩・コショウをシッカリと揉み込み、5〜10分ほど置き、水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

フライドチキンには塩をシッカリと振って揉み込むことで水分を出して肉の旨みを凝縮させます。

 

2.ボウルに《a》を混ぜ合わせます。

天ぷら粉には卵などサクサクに揚げられる調味料が入っているのでより手軽に衣を作れます。
さらにすりごまをプラスすれば香ばしさもアップします。

 

3.①の手羽元に片栗粉を振って②のボウルに入れてシッカリと衣をつけます。

 

4.140〜150℃の低温の揚げ油に②の衣をつけた手羽元を入れて揚げます。

揚げ油は低温の油を使用します。
ゆっくりと揚げて衣に空気を含みながら揚げるとサクッと揚がります。
高温の油は中まで火が通りづらく、衣が焦げやすくなってしまいます。

 

5.フライドチキンがきつね色になったら引き上げてザルにたてて油切りをして完成です。

 

ちなみに唐揚げとフライドチキンの違いは衣に味をつけるか鶏肉に味をつけるかの違いです。
五十嵐美幸シェフのカツオ節を使った手羽元のかつお節唐揚げも子どもウケバツグンです▼
【ヒルナンデス】五十嵐美幸シェフの中華レシピ!手羽元のかつお節唐揚げ/白菜のクリーム煮の作り方。

料理の基本をおさらい

わりと知らなかったり、忘れていたり・・・料理の超基本を知って作り方をおさらいしてみましょう。

失敗しない餃子の焼き方

家庭でよく登場する餃子ですが、焦げ付いてしまったり破れてしまったりすることはあるあるかもしれません。

ポイントを押さえれば家庭でも失敗せずに焼くことができます。

餃子の焼き方とポイント

1.餃子10個に対して大さじ1/2の油をひき、中火で温めます。

 

2.火加減を弱火にし、羽つき餃子を作らない場合は間隔をあけて置いていきます。

強火のまま並べて入れてしまうと、最初に置いた餃子と最後に置いた餃子の時間差ができてしまい、焼きムラとなってしまいます。
焦らないためにも弱火がオススメです。

 

3.②をやや強火にかえて30秒ほど焼いたら熱い湯を入れて中火で5分ほど蒸し焼きにします。

できたら熱湯がベスト!
水を入れるとフライパンの温度が下がってしまい餃子がベチャッとしてしまい皮などが破れる原因となります。

 

4.餃子の皮が半透明になったらフタをとり水分を飛ばします。

 

5.④の水分が飛んだら強火にして多めのごま油(大さじ1)を餃子の隙間に回しかけて

焼き目をカリッとさせることが目的なので餃子の隙間に入れましょう。
ごま油が少ないと焦げてしまう原因となってしまいます。
スポンサーリンク

和食の基本!鶏そぼろといなり寿司の作り方とポイント

鶏そぼろの作り方とポイント

鶏そぼろの材料は鶏ひき肉・酒・砂糖・しょう油です。

作り方

1.鍋のなかで鶏ひき肉と3つの調味料を合わせます。

ここでポイントなのが火をつける前に全ての材料を混ぜ合わせること!
さらに菜箸を4本ほど使うとまんべんなく混ざります。

 

2.①の鍋を中火にかけて4本の菜箸で混ぜ合わせながら火を通します。

この時、かたまりができないように縦横斜めと色々な方向に混ぜ合わせるようにしましょう。
円を描くように同じ方向に混ぜると大きなダマができてしまいます。

 

3.焦げに注意しながら汁気が少なくなるまで煮詰めたら完成です。

 

いなり寿司の基本の作り方とポイント

作り方

1.油揚げは半分に切って中を開きます。

 

2.沸騰した湯で30秒ほど茹でて油切りを行いザルにあげて水気を切りっておきます。

 

3.だし汁・砂糖・しょう油を先に合わせておきます。

先に調味料を混ぜ合わせておけば、鍋に入れたときに味に偏りがなくなります。

 

4.鍋に②の油揚げ並べ入れ、③の調味料を入れて中火で煮立て、その後落し蓋をして弱火で10〜12分ほど煮込みます。

味が均一に染み込むように重ねずに並べていきましょう。

 

4.油揚げがほとんどの煮汁を吸ったら鍋ごと冷まします。

 

5.米酢・砂糖・塩を合わせた調味料を炊きたてのご飯に回しかけて切るように混ぜ合わせます。

 

6.全体に混ざったら酢飯を広げてうちわなどで扇いで冷まします。

 

7.④の油揚げを程よく煮汁が残る程度水分を絞り、⑥の酢飯を奥までシッカリとつめたら完成です。

このとき、油揚げの煮汁を絞りすぎるとジューシーさを損なってしまうので注意してください。

油の温度の計り方

意外とハッキリしない温度の計り方!

いちいち温度計を使うのは面倒くさいですよね。

目安を覚えておけば素早く美味しい温度で調理することができます。

180℃の油の計り方

油に菜箸を入れてみて、やや大きめな泡が菜箸全体から出始めたところが180℃となっています。

グルメちゃん
グルメちゃん

ちなみに、細かい泡が少しずつ出始めたときの温度は150℃程度、大きな泡が勢いよく出たら200℃となっています。

みりんの正しい選び方

みりんは種類があります。

お料理に合わせたみりんを選ぶときの参考にしてみてください。

本みりんとみりん風調味料の違い

みりんには本みりんとみりん風調味料の2種類があります。

本みりんは・・・もち米・米こうじ・醸造アルコールを熟成して作られたものでアルコール14%が含まれています。
味がよく染み、食材の臭みとりや煮崩れ防止にもオススメです。
みりん風調味料は・・・水あめやブドウ糖など人工的に調合して作られたもので、アルコールはほぼないためお安く、和風ドレッシングや和え物にオススメの調味料です。

さいごに♪

いかがでしたか!?

意外と忘れがちな料理の基本も見直せば普段のお料理にも発見があるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました