レシピ グルメ

ばぁば(鈴木登紀子さん)の家庭料理 切り干し大根・マツタケ・混ぜご飯レシピ【世界一受けたい授業】

レシピ

こんにちは、冬子です!

2019年10月26日の世界一受けたい授業では、94歳の現役 料理研究家・鈴木登紀子さんが基本の家庭料理を教えてくれました。

ばあばこと鈴木さんが教えてくれる日本の家庭料理は簡単、なのに懐かしい・・・毎日食べたくなるような和食ばかりです。

ばあばの日本の家庭料理

ばあばの切り干し大根のハリハリ漬けレシピ

和食を作るのに慣れていない方にもオススメなのが切り干し大根です。

材料

切り干し大根
砂糖

だし
薄口しょう油
赤唐辛子(小口切り)
小松葉

作り方

1.切り干し大根を水で戻し水気を切ります。小松菜は茹でてみじん切りにします。

2.①に砂糖・酢・だし・薄口しょう油・赤唐辛子を加えて混ぜ合わせます。

3.②を器に盛りつけ、小松菜を散らせば完成です。

グルメちゃん
グルメちゃん

旨味や栄養もアップ!すでに刻まれている切り干し大根は包丁いらずなので初心者さんにもオススメな食材です。

ばあばのちりめんじゃこのまぜまぜご飯レシピ

サッパリしたお味は食欲のない時でも食べたくなってしまいます。

材料

炊きたてのご飯
ちりめんじゃこ
白いりごま

大葉
海苔

作り方

1.梅はたたき、大葉は千切りにし、海苔は小さめにちぎります。

2.炊きたてのご飯を盤台にあけます。

3.すべての材料を②に加えて、サックリと混ぜ合わせたら完成です。

ばあばのセロリとコンビーフレシピ

簡単混ぜご飯レシピの第2弾!
脂っ気のあるコンビーフはアツアツのご飯に混ぜたら溶けて美味しくなります。

材料

炊きたてのご飯
コンビーフ
セロリ

作り方

1.セロリはみじん切りにします。

2.炊きたてのご飯にコンビーフ・①のセロリを加えて、サッと混ぜ合わせたら完成です。

外国産マツタケをお酒で風味アップ!

外国産のマツタケは国産のマツタケに比べてお値段は約6分の1とお安くなっていますが、輸入するさいに洗浄するため、香り・風味が落ちてしまうのが難点です。

そこで、ばあばはお酒を染み込ませるという方法で美味しくなるのだそうです。

風味アップの方法

1.マツタケの石づきをエンピツを削るようにそぎ落とします。

2.マツタケを縦に薄切りにします。

3.②のマツタケに酒をふりかけ5〜6分ほどおいておきます。

グルメちゃん
グルメちゃん

たったこれだけの方法でマツタケの風味・香りが蘇るのだそうです!

 

土瓶蒸しレシピ

マツタケ復活方法を知れば、外国産のマツタケでも美味しい土瓶蒸しができちゃいます。

材料

マツタケ
鶏ささみ
ぎんなん
みつば
だし

薄口しょう油

作り方

1.マツタケは酒をふりかけて5分ほどおいておきます。

2.鶏ささみをそぎ切りにし、酒をふりかけて5分ほどおいておきます。かまぼこは薄切りにします。

3.鍋にだしを煮立て、塩・薄口しょう油で味を整えます。

4.土瓶にかまぼこを敷き、かまぼこの上にささみをのせます。

かまぼこの上に鶏肉を乗せることで土瓶に肉がくっつきません。

5.④にマツタケ・ぎんなん・みつばを盛りつけ、③のだし汁を入れて焼き網にのせて火にかけます。

6.ひと煮立ちしたら火を止めてフタをしたら完成です。

ばあばこと鈴木登紀子さんの人生

御年94歳の ばあばこと鈴木登紀子さんは 物心ついたころから料理上手であったお母さんのお手伝いをしていました。

ご主人との何気ないやりとりで料理好きなことに気がつき、その後 専業主婦として普通に生活していましたが、ばあばのお料理が美味しいと近所で評判になり40歳のときにお料理教室を開くことになったそうです。

評判は広がり、46歳で料理研究家としてデビュー。
NHKの「きょうの料理」や日本テレビの「3分クッキング」に出演し、講師として知られていきます。

現在までにレシピ本も多く出版され、94歳の今でも自宅でお料理教室を開かれています。

さいごに♪

いかがでしたか!?

ばあばこと鈴木登紀子さんのお料理は昔からあるような日本の家庭料なので、懐かしく そして毎日食べていても飽きないお料理ばかりです。

和食というと、手順が多く手間暇かかるイメージですが ばあばのレシピならば簡単にできそうですよね!

混ぜご飯も簡単にできるので朝の忙しい時間にもオススメです。

気になるレシピがあればぜひ試してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました