レシピ グルメ ごはんジャパン

ごはんジャパン|市販のうなぎの蒲焼きをふっくらフワフワにする方法とタレレシピ!

レシピ

2020年8月1日のごはんジャパンでは、麻布十番 うなぎ時任の店主・時任恵司さんが湯せん用の市販のうなぎの蒲焼をふっくらと仕上げるプロ技を紹介していました。

市販のうなぎの蒲焼きをフワフワに仕上げるプロ技!

材料

湯せん用の蒲焼き

《時任流タレ》
煮切りみりん・・・300ml
しょう油・・・100ml
砂糖・・・30g
付属のタレ

作り方

1.ヒレをキッチンバサミで切り落とします。

ヒレの部分には骨がたくさんあるので、切り落とすことで口あたりがよくなります。

 

2.水でうなぎを洗いタレを洗い流します。

水で洗い流すことで、これから塗るタレののりが良くなります。

 

3.蒸し器で20分ほど蒸します。

蒸すことで適度に水分が入って柔らかく仕上がります。

 

4.鍋に《時任流タレ》の材料を入れて火にかけ、沸騰させたらタレの完成です。

みりんは事前に煮きってアルコール分を飛ばしておきます。

 

5.うなぎが蒸しあがったら④のタレを塗り、トースターで3分焼きます。

 

6.ごはんに⑤のうなぎをのせたら、ラップをして3分ほど蒸らして完成です。

スポンサーリンク

 

グルメちゃん
グルメちゃん

ちなみに 天然のうなぎは運動量が多いので身が締まって味が濃く、養殖のうなぎは身に脂がのって柔らかいのだそうです。

 

関連記事:ノンストップ|丑の日に!うなぎの蒲焼きの美味しい温めかた&選び方!

麻布十番 うなぎ時任

こちらのプロ技を教えてくれたのは麻布十番にある鰻フレンチ割烹 時任の店主・時任恵司さんです。

時任恵司さんは200年以上続く、野田岩で料理長を務められていました。

時任さんでは うなぎの質に合わせて調理法を変えるという職人ワザを楽しめます。

麻布十番 うなぎ時任さんの営業時間や予約はうなぎ時任さんの公式サイトをご確認ください。
▼前回のごはんジャパンレシピ▼
ごはんジャパン【海鮮パエリア】レシピ|フライパンで簡単本格に仕上げるコツも!
2020年7月25日のごはんジャパンでは、海の幸満載の絶品パエリアをフライパンで本格的に、かつ簡単に作れる方法を紹介していました。

さいごに♪

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました