グルメ グルメスポット

【バナナマンのせっかくグルメ】日村さんが沖縄宮古島と伊良部島で巡ったお店。宮古そば・佐良浜そば・カツカレー・うずまきパンなど!

グルメ

2020年4月5日バナナマンのせっかくグルメスペシャルでは日村さんが宮古島と伊良部島で絶品グルメを紹介していました。

日村さんが宮古島で巡ったお店【バナナマンのせっかくグルメ】

観光はもちろん、移住する人も増えているという宮古島の絶品グルメをまとめます。

 

  ▼じゃらんパックなら交通と宿泊が一度に簡単に検索できます▼

じんく屋 宮古そば

じんく屋さんは連日満員になる人気店で宮古島でトップクラスの宮古そばを食べることができます。

製麺所直営のじんく屋さんの麺はモチモチ!

でそこへカツオと豚骨のダブルスープに1時間半煮込んだ三枚肉を添えた出汁の効いた宮古そばが味わえます。

宮古そばにチャーハンをセットした宮古そばチャーハンセット(650円/税込)はボリューム満点です。

スポンサーリンク

炭島 野菜巻き

炭島さんは宮古島の島民のみなさんで賑わう大衆居酒屋です。

お酒のアテになる沖縄ならではのゴーヤチャンプル(599円/税込)ややわらかラフテー(690円/税込)などがいろいろ楽しめます。

そんな炭島さんの看板メニューは野菜巻き串!

大ぶりの野菜を豚バラで巻いて炭火で焼き上げるおまかせ串焼き盛り合わせ8種(1680円/税別)は彩りの美しい野菜と肉汁が溢れる豚肉が相性バツグンです。

 

腰原食堂 麻婆豆腐&チャーハン

腰原食堂さんは地元のかたで満員になるほどの人気店!

麻婆豆腐(700円/税込)やチャーハン(550円/税込)、タルタルチキン(750円/税込)などが頂けます。

 

うずまきパン

宮古島のソウルフード・うずまきパンとは創業55年のまるそうパンさんが作るうずまきサンド(150/税込)のこと。

焼きたてのパン生地に特製クリームをたっぷりと塗ってクルクルと巻きます。

フワフワのパンとクリームのジャリジャリ感が島民のみなさんに愛される理由!

わずか3人のパン職人さんが手作業で作られているため、生産量が限られ店頭に並べばすぐに売り切れてしまうんです。

スポンサーリンク

 

しきしま

宮古島に2軒しかないうなぎ屋さんの1つ、しきしまさんはうな重(1900円/税込)やうなぎ定食(2800円/税込)など宮古島でうなぎ料理を食べることのできる貴重なお店です。

グルメちゃん
グルメちゃん

お子様ランチ(950円/税込)もあるので家族で楽しめます。

 

志堅原

沖縄料理が頂ける志堅原さんは予約が1ヶ月先まで埋まるほどの超人気店です。

沖縄の厳選された食材をつかって作られる沖縄料理ミーバイのマース煮(2700円/税別)や角煮の串焼き(680円/税別)やエビとアボカドのジーマミー豆腐和え(680円/税別)はどれも絶品です。

なかでもイチオシは宮古牛あぶりにぎり(1500円/税別)!

A5ランクの宮古牛のザブトンと呼ばれる希少部位をつかった握りは上品でとろける食感が特徴です。

伊良部島

宮古島と伊良部島にかかる伊良部島大橋によって、交通がとても便利となりました。

気軽に行けるようになった伊良部島にも絶品グルメは満載です!

 

魚市場いちわ 佐良浜そば

魚市場いちわさんは佐良浜漁港の目の前にあるお食事どころです。

佐良浜漁港直送のマグロ&カツオ桶盛り丼 並(900円/税込)や刺し身定食(1350円/税込)などその日獲れた新鮮な海の幸を頂くことができます。

そんな新鮮な魚介をあつかうお店で頂けるのは佐良浜漁港で獲れたマグロを角煮にした佐良浜そば(650円/税込)です。

漁港直送のいちわさんだからこそ食べられる沖縄そばとも宮古そばとも違う味わいは一口食べただけで衝撃を受ける美味しさです。

 

まるよし ジャンボカツカレー

まるよしさんは民営が営むアットホームな雰囲気の食堂です。

地元の奥様たちが作るゴーヤ定食(700円/税込)やアーサチャーハン(750円/税込)などのボリューム満点のお料理が楽しめます。

なかでもジャンボカツカレーはご飯は1kg、さくさくカツは160g、特製のカレールーは900gと大ボリュームなのに(800円/税込)とサイズもお値段もビックリの1品です。

 

なかゆくい商店 紅芋サーターアンダギー

なかゆくい商店さんでは珍しい紅芋のサーターアンダギーを頂くことができます。

宮古島産の紅芋は上品な甘みとねっとりとした食感が特徴で、この紅芋サーターアンダギーを食べに県外からもお客さんが訪れるそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました