グルメ おうちでごはん

美味しい【焼き芋(さつまいも)・ニンジン・かぼちゃ・栗】の見分け方と自宅でできる焼き芋の作り方【ヒルナンデス】

グルメ

こんにちは、冬子です!

2019年10月17日のヒルナンデスでは、秋野菜の美味しい見分け方とオススメの調理方法を紹介していました。

美味しい柿やサツマイモ、鮮度が気になる椎茸、実は秋が旬というニンジンの柔らかくて美味しい見分け方、保存方法や自宅で簡単にできる焼き芋の作り方など秋野菜をより楽しめる情報満載です。

秋野菜の美味しい見分け方とオススメレシピ

美味しい柿の見分け方

柿はヘタと果実の間に隙間のないものを選びましょう。

ヘタと果実に隙間がない柿は甘くて美味しい柿の証拠です。

反対に隙間がある柿は栄養が行き届かずに甘さが不十分なものもあります。

美味しい焼き芋(さつまいも)の見分け方

焼き芋は端の断面が黒いものを選びましょう。

さつまいもに付着している黒いものは、さつまいもに含まれるです。

糖度の高い焼き芋は蜜が溢れ出していることがあります。

グルメちゃん
グルメちゃん

これは生のさつまいもでも同様です!

自宅で焼き芋の作り方

焼き芋は自宅でも簡単に作ることができます

①サツマイモをアルミホイルで巻きます。
②アルミホイルを巻いたサツマイモを魚焼きグリルに入れ、低温で30分ほどじっくりと焼けば完成です。

水分がいい感じに飛んで美味しく焼き上がります。

家庭で焼き芋をする場合は細長いサツマイモがオススメ!
熱が全体に行き届くので、ホクホクの焼き芋が失敗せずに作れます。
グルメちゃん
グルメちゃん

ちなみに、魚焼きグリルがない場合はトースターで40〜50分くらいじっくりと焼くと美味しく仕上がります。

鮮度のよいシイタケの美味しい見分け方

椎茸の美味しい見分け方はカサがあまり開いていないものを選びましょう。

シイタケはカサが開くに従って胞子が成熟し順次ヒダから落下していきます。

カサが開ききったシイタケは多くの胞子が落下して痛みやすくなっているので、より鮮度がよく美味しい椎茸はカサがあまり開いていないものとなります。

シイタケの保存方法

この上記の原理をもとに、シイタケの保存方法は胞子が落ちないようにヒダが上を向くように保存すると良いでしょう。

柔らかくて美味しいニンジンの見分け方

実は今が旬だというニンジンは芯が全体の大きさに対して小さいものを選びましょう。

芯が小さいものほど繊維質が少なく食感が柔らかくて美味しいのだそうです。

グルメちゃん
グルメちゃん

栄養価の面からみても実は芯の小さいほうが豊富なんです!

実は、芯が大きいものは葉に養分がとられて栄養価が少なくなってしまっている証拠なんです。

また、袋詰めで売られているニンジンの中には水滴がついているものも要注意です。

これは収穫から時間が経ちニンジンから水分が抜けている場合もあるので、ニンジンを買うときは袋にも注意してみてみましょう。

甘くて美味しいカボチャの見分け方

カボチャは種が大きいものを選びましょう。

種が小さいカボチャはまだ未熟な時に収穫されたもので、甘さやホクホク感にかけてしまいます。

逆に種が大きくてふっくらとしているカボチャは熟しているサインです。

生栗を保存するさいに甘さが増す方法

生栗を保存するさいは、冷蔵庫で冷やすのがオススメです。

冷凍保存することで、生栗は甘さが増します

栗は秋に実を落とし春の発芽に備えるため、寒い冬の時期にデンプンを糖分に変えるようになります。

これこそが栗の甘み成分です。

温度が0℃前後になる冷蔵庫のチルド室で保存することで、栗は今が冬だと思い込み糖度が3日で約2倍に増えるんだそうです!

冷やすときは乾燥しないように保存袋などに入れましょう。

 

グルメちゃん
グルメちゃん

また、湿気に弱くカビが生えやすいので長期保存する場合はチェックを忘れずに!

さいごに♪

いかがでしたか!?

食欲の秋、上手に食材を選んで美味しく栄養価も高く野菜が摂れるとお得感がアップした気になります!

ぜひ、お買い物をする際の参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました