レシピ グルメ あさイチ

あさイチ【ギョーザの皮でフラミッシュ】レシピ!フランスの卵料をお手軽に!

レシピ

2020年8月4日のあさイチでは、北フランスで食べられているキッシュのような卵料理を手軽に楽しめる【ギョーザの皮でフラミッシュ】を紹介していました。
本来タルト生地やパイ生地を使うところを、餃子の皮で手軽に作ることができるのでブランチにピッタリです。

ギョーザ皮でフラミッシュレシピ

材料(直径16cmほどの丸型のケーキ型1つ分)

ネギ(白い部分)・・・2本分
バター(食塩不使用)・・・30g
塩・・・ひとつまみ
ギョーザ皮(大)・・・11枚
ウインナー・・・2本
かぼちゃ(600Wの電子レンジで2分加熱)・・・40g
コーン(ホールタイプ)・・・40g
カマンベールチーズ(8等分にする)・・・40g
粉チーズ・・・25g

《卵液》
卵・・・1個
生クリーム・牛乳・・・各大さじ1+2/3
カレー粉・・・少々

スポンサーリンク

作り方

1.ネギは小口切りにします。

 

2.熱したフライパンにバターを溶かし、①のネギ、塩を加えてじっくりと弱火で5分ほど炒めます。

 

3.②を取り出して、粗熱をとります。

 

4.中心にギョーザの皮を1枚置き、皮半分に水をつけて中心の皮を囲むように並べて置いていきます。

中心の皮には1cm、隣どうしは半分 重ねるように並べます。
卵液が漏れてしまうので、すき間ができないように並べます。

 

5.ギョーザの皮にラップをかぶせて、上からシッカリと押させて接着させます。

 

6.空いたフライパンの汚れをとり、⑤のギョーザの皮をのせて薄く焼き色がつくまで弱火で2分加熱し、上下を返して1分加熱します。

 

7.卵液を作ります。《卵液》の材料をボウルに入れて混ぜ合わせます。

 

8.ケーキ型の内側に薄くバター(分量外)を塗り、⑥の皮が温かいうちに ふきんなどで型に沿わせて押し込みます。

 

9.③のネギを敷き詰め、コーン、5mm厚さに切ったウインナー・かぼちゃ、カマンベールチーズを散らします。

 

10.⑦の卵液を⑨に注ぎ入れ、粉チーズを散らしたら200℃のオーブンで20分ほど焼き色をつけます。

 

11.粗熱をとって卵を落ち着かせたら、切り分けて完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました