レシピ グルメ

ごはんジャパン【アジの棒寿司】レシピ。ラップで巻く作り方!

レシピ

2020年9月5日のごはんジャパンでは、懐石料理の名店・てのしまの主人・林亮平さんが 【アジの棒寿司】の作り方を紹介していました。
こちらのレシピは 林さんのお店で大人気のメニューです。
通常は巻き簾を使いますが、家庭でも作りやすいようにラップで巻く方法を教えてくれました。

【アジの棒寿司】レシピ

材料

アジ(三枚おろし)・・・1尾分
塩・・・適量
酢・・・適量
酢飯・・・150g

作り方

1.アジに塩を振り、冷蔵庫で1時間寝かせます。

量は表面に塩が積もる程度にたっぷりと振ります。

 

2.①のアジを袋などに入れて5分酢につけて〆ます。

 

3.酢飯を先に棒状に成形します。

 

4.台にラップを敷き、ラップの上に②のアジの尾の方を重ねて並べます。

ラップで巻くときは、ステンレス製の台などラップが張り付くスベスベの台を濡れた布巾で拭いて湿らせ、ラップをシッカリと貼り付けます。

 

5.アジの上に③の棒状にした酢飯をのせて量や長さを調整します。

 

6.酢飯を指でおさえつつ、手前からラップをグルっと1度 巻いたら手前にシッカリとキュッと締め上げます。

 

7.左右の角も作って両端の形を整えたら 棒寿司の端のラップを持って、クルクルと転がして巻いていきます。もう片方の端を持って同様にクルクルと巻きます。

 

8.クルクルとご飯に適度な圧力をかけながら巻いたら、そのまま1時間ほど涼しい場所に置いて味をなじませます。

 

9.仕上げにラップをしたまま一口大の大きさにカットし完成です。

スポンサーリンク

▼同日に紹介されたカレイの煮付けレシピ▼

ごはんジャパン【カレイの煮付け】レシピ。3分で身がふっくらするプロの作り方。
2020年9月5日のごはんジャパンでは、懐石料理の名店・てのしまの主人・林亮平さんが たった3分の煮込み時間で身がふっくらシットリと仕上がる【カレイの煮付け】の作り方を紹介していました。

てのしま

 

住所: 東京都港区南青山1丁目3−21 南青山 1-55ビル 2階
営業時間:月曜~土曜 17時~22時(ラストオーダー:19時)
定休日:日曜日
電話:03-6316-2150
公式サイト:tenoshima.com

さいごに♪

最後まで ご覧いただきありがとうございます。

カレイの煮付けをふっくらと仕上げる方法でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました