ダイエット 生活

ノンストップ|簡単ダイエット!ミートファースト・1日5食の食事法のやり方

ダイエット

2020年6月16日のノンストップでは、2ヶ月でコロナ自粛太りを解消する食事法を紹介していました。

食事法ダイエット|ミートファースト・1日5食のやり方【ノンストップ】

運動と一緒に効果的なのが食事法です。

筋トレやエクササイズを行い筋肉量も増えると基礎代謝も上がります。

この状態で食事療法も取り入れると、効率よく痩せることができます。

食事法① ミートファースト

ミートファーストはお肉を最初に食べる食事法です。

①お肉のタンパク質→②野菜の食物繊維→③主食の炭水化物という順番で食事を摂取することで、それ以上食べたいと思わなくなるそうです。

肉の主成分であるタンパク質が腸で吸収され始めると腸からインクレチンというホルモンが分泌されます。

このホルモンの分泌によって食欲中枢が刺激されて満腹感が早く得ることができ、胃の働きも抑制することができるのだそうです。

さらに、ミートファーストにはバランスの取れた栄養素を効率よく吸収するという目的としてもオススメです。

お肉を最初に摂取することで腸内で肉に含まれるタンパク質や脂質など体に必要な栄養素はしっかりと吸収されます。

その後、野菜・炭水化物の順で摂取すれば、野菜の食物繊維が腸内で膜を作り、炭水化物の糖の吸収を抑えることができます。

スポンサーリンク

例① 豚のしょうが焼き定食の食べ方

豚のしょうが焼き定食は、豚肉についている甘辛いタレをご飯で落とし、お肉だけを食べ、その後に野菜・タレの付いたご飯を食べます。

 

例② ラーメンの食べ方

ラーメンの場合は肉類の1品料理を注文し、先に肉を食べて その後ラーメンを食べます。

ミートファーストの注意点

お肉を先に食べると日本人の場合 吐き気をもよおしたり肉の脂で下痢をしてしまう人もいるそうです。

量の加減に注意してミートファーストを行ってください。

 

さらに、ミートファーストが効果的だからといって、肉を大量に摂取してしまうと肉のカロリーを摂取してしまうことでになるので、肉の量には注意してください。

健康ちゃん
健康ちゃん

また、糖尿病・脂質異常症・慢性の肝臓病・腎臓病など持病のある方は医師との相談が必要です。

1日5食の食事法

1日5食の食事法は1日3食のところを、朝・間食・昼・間食・夜と5回食事をします。

海外の研究では1日少量の食事を小分けにして摂取することで体格指数BMIが下がるという研究結果が出ているそうです。

 

1日5食ルール①

1日5食の食事ルールは1日の総摂取カロリーは変えないでください。

女性なら1650〜2050キロカロリー
男性なら2100〜2700キロカロリー
※推定エネルギー必要量 身体活動レベル ふつう

 

1日5食ルール②

食事の間隔は3〜4時間を空けましょう。

食事後に血糖値が下がり切る前に再び食事をすることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

健康ちゃん
健康ちゃん

甘いものも食べてOK!
なるべく血糖値の上昇が緩やかになるシュークリームやぽなどを総摂取カロリー内で上手に摂取しましょう。

 

1日5食の注意点

糖尿病や脂質異常症の人は高血糖・低血糖になったり脂質を取りすぎてしまう可能性もあるので、医師と相談してから行ってください。

 

▼運動も一緒に!AYAさんのトレーニング法▼

ノンストップ|AYAさん流トレーニングまとめ|お腹周り&太ももエクササイズ、有酸素運動でダイエット!
2020年6月2日のノンストップではAYAさんが自粛太り解消エクササイズを紹介していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました