レシピ 男子ごはん グルメ

男子ごはん【カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット】栗原心平さんレシピ。ご当地ごはんシリーズ兵庫県編

レシピ

2020年10月25日の男子ごはんでは料理研究家の栗原心平さんが兵庫県のご当地食材「玉ねぎ」と「鯛」を使用した【カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット】の作り方を教えてくれました。淡路島の甘い玉ねぎと、鯛の旨みを凝縮した出汁で作るリゾットは鯛のポワレで豪華な見た目に!レシピをポイントとともに詳しく紹介します。

【カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット】栗原心平さんレシピ

材料

鯛・・・1尾
玉ねぎ・・・1個(200g)
米(洗って水気を切る)・・・1号
だし昆布・・7g
オリーブオイル・・・大さじ2
パルミジャーノ・レッジャーノ・・・8g
ニンニク(みじん切り)・・・1片
パセリ(みじん切り)・・適量
生クリーム・・・50cc
酒・・・大さじ2
バター・・・5g
水・・・1200cc
揚げ油・・・適量
塩・黒こしょう・片栗粉・・・各適量

作り方

1.玉ねぎ(1/2個)はみじん切りにします。残りの玉ねぎは縦薄切りにし、さらに半分の長さに切ります。

 

2.鯛は3枚におろし 鯛の腹骨をそぎ切り、鯛の骨・腹骨・頭に塩をふってグリルでこんがりと焼きます。

 

3.鯛の身は中骨に沿って包丁を入れて取り除き、氷水で冷やして水気を拭き取ります。

 

4.鍋に水を入れて沸かし、酒・だし昆布・②で焼いた鯛のあらを加え沸いてきたら弱火にしてフタをして40分ほど煮ます。

 

5.④のだし汁をザルで濾します。

 

6.ボウルに薄切りにした玉ねぎ・片栗粉を入れて全体にまぶし、熱した揚げ油で揚げてフライドオニオンを作ります。

 

7.鯛の半身は半分に切って皮部分に切り込みを入れて塩(小さじ1/3)・黒こしょう(適量)をふって両面に下味をつけて片栗粉をまぶします。

 

8.熱したフライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、⑦の鯛の皮目を下にして強めの中火で焼きます。

 

9.⑧の鯛に焼き目がついたら ひっくり返して弱めの中火で焼き、仕上げにバター(2.5g)を加えてます。もう一切れも同様に焼きます。

 

10.別の鍋にオリーブオイル(大さじ1)とみじん切りにしたニンニクを加えて熱し、みじん切りにした玉ねぎを加えて炒めます。

 

11.玉ねぎが透き通ってきたら米を加えて炒めて米が透き通ってきたら火を止めます。

 

12.⑪に⑤で濾しただし汁(200cc)を加えて火をつけ、再び強火にかけます。

 

13.沸いてきたら中火にして、汁気がなくなってきたら再びだし汁(100cc)を加えて煮込みます。

 

14.汁気がなくなってきたら残りのだし汁(100cc)を加えて煮込みます。

 

15.汁気がなくなってきたら生クリーム・パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろして加え、塩(小さじ1/2)で味をととのえます。

 

16.お皿にリゾットを盛り付け、フライドオニオンをほぐしながらのせ、焼いた鯛をのせて黒こしょう・パセリを散らしたら完成です。

スポンサーリンク

▼同日に紹介された明石焼きレシピ▼

男子ごはん【明石焼き(定番&うなぎの蒲焼)】栗原心平さんレシピ。ご当地ごはんシリーズ兵庫県編!
2020年10月25日の男子ごはんでは料理研究家の栗原心平さんが兵庫県のご当地はん【明石焼き】の作り方を教えてくれました。たこ焼き器で作ることのできる定番明石焼きから、うなぎの蒲焼をいれた心平ちゃん流の明石焼きレシピは必見です。作り方とポイ...

▼裏トーク:淡路島のスイーツ3品

男子ごはん|兵庫県淡路島スイーツ3品【たまごプリン・オレンジスティック・Shintamaケーキ】裏トーク
2020年10月25日の男子ごはんの裏トークでは兵庫県淡路島の食材を使用したスイーツを3品教えてくれたので詳しく紹介します。 裏トーク:兵庫県淡路島スイーツ3品 北坂たまごまるごとプリン 【たまごまるごとプ...

さいごに♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

栗原心平さん流、兵庫県の食材を使用したご当地ごはんレシピ【カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット】の作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました