レシピ あさイチ

あさイチ【ホタテで春のちらし寿司&焼き帆立のレモン酢がけ】佐藤雄一さんレシピ

レシピ

2021年2月25日のあさイチ「みんな!ゴハンだよ」では日本料理店・店主の佐藤雄一さんが【帆立で春の彩りちらし寿司】と【焼き帆立のレモン酢がけ】を教えてくれたので詳しく紹介します。いまが旬の甘くて美味しいホタテを甘辛く煮て ちらし寿司に。さらに軽く炙ってつくる酢の物と一緒に添えればひな祭りにもピッタリです。ふっくらと仕上がる煮帆立の作り方は必見です。

>>あさイチ記事一覧はこちら

【ホタテで春の彩りちらし寿司】佐藤雄一さんレシピ

材料(2人分)

ホタテ貝柱(刺身用)・・・4個
錦糸卵・・・適量
菜の花(軸部分/茹でて刻む)・・・25g
ニンジン・うど
(薄切りにして型を抜きサッと茹でたもの)・・・各適量

《煮汁》
酒・・・1/2カップ
みりん・・・1/2カップ
しょう油・・・1/2カップ
ごはん(温かいもの)・・・1合分
いりゴマ(白)・・・大さじ1

《すし酢》
酢・・・20ml
砂糖・・・小さじ2強
塩・・・小さじ1/4

作り方

1.ホタテは塩(少々)を両面にふって3分ほどおいたら、沸かした湯で10秒ほどゆでたら氷水にとります。

氷水はこの後大活躍します。
捨てずに とっておきましょう。

 

2.水気を拭き取ったホタテを繊維に沿って6等分にします。

 

3.鍋に《煮汁》の材料を加えて ひと煮立ちさせたら、②のホタテを加えて中火で20秒ほど煮ます。

 

4.③を煮汁とホタテに分けたら、煮汁は氷水で冷まして粗熱をとります。

ホタテが固くならないように煮汁は粗熱をとります。

 

5.④の粗熱がとれた煮汁にホタテを戻し、数分ほどつけて味を入れます。

 

6.酢飯を作ります。《すし酢》の材料を火にかけて砂糖と塩が溶けたら粗熱をとります。

 

7.ご飯を氷水にあてて、いりゴマ・⑥のすし酢を加えて切るように混ぜ合わせます。

 

8.器に⑦の酢飯を盛り付け、錦糸卵をご飯のうえに敷いたら漬けていたホタテ・茹でて刻んだ菜の花・にんじん・うどを散らして完成です。

刻んだ菜の花は、軸の部分を使用しています。
ご飯に混ぜ込んでもOK!
グルメちゃん
グルメちゃん

帆立を漬け込んでいた出汁はタケノコなどの野菜を炊いたり、チャーハンや炊き込みご飯の調味料としても使用できます。

スポンサーリンク

焼き帆立のレモン酢がけレシピ

材料(2人分)

ホタテの貝柱(刺身用)・・・2個

塩・・・少々
しょう油・・・適量
レモン汁・・・20ml
わかめ・・・50g
菜の花(茹でて食べやすい長さに切る)・・・25g

《レモン酢》
だし・・・200ml
薄口しょうゆ・・・20ml
みりん・・・10ml

作り方

1.《レモン酢》の材料のだし・薄口しょうゆ・みりんはひと煮立ちさせて粗熱をとります。

 

2.ホタテは塩を両面にふって3分ほどおいたら、沸かした湯で10秒ほどゆでたら氷水にとります。

 

3.水気を拭き取ったホタテを薄切りにします。

 

4.ホタテの両面にしょう油を絡めます。

 

5.熱したフライパンを中火にし、④を片面だけ20秒ほど焼きます。

 

6.①の粗熱をとった出汁にレモン汁を混ぜ合わせます。

 

7.器に⑤のホタテ・菜の花・わかめを盛り付け、⑥のレモン酢をかけたら完成です。

スポンサーリンク

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

日本料理店店主・佐藤雄一さんが教える【】と【】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました