レシピ あさイチ

あさイチ【鶏ひき肉と春菊の水ギョーザ・かぶの梅みそあえ】山脇りこさんレシピ

レシピ

2020年11月12日のあさイチでは料理研究家の山脇りこさんが【鶏ひき肉と春菊の水餃子】と【かぶの梅みそあえ】の作り方を教えてくれたので詳しく紹介します。材料は少なく、サッと作れる水餃子は寒い日にピッタリです。春菊の代わりにパクチーやセロリ、パセリ、バジルなどでも代用可能なので、幅広いアレンジで楽しめます。

【鶏ひき肉と春菊の水ギョーザ】山脇りこさんレシピ

餃子はアツアツで ぜひ召し上がってください。

材料

春菊・・50g
鶏ひき肉(もも)・・・300g
塩・・・小さじ1
ごま油・・・大さじ1
コショウ・・・少々
ギョーザの皮・・・20枚

《a》
水・・・1.5L
塩・・・大さじ1

作り方

1.春菊は1cm長さに切り、軸は細かく切ります。

 

2.ボウルに鶏ひき肉・塩・ごま油を加えて 混ぜ合わせます。

 

3.②に春菊・コショウを加えて練ります。

 

4.ギョーザの皮のフチに水(適量)をつけて、③のタネを大さじ1強のせて2つに折って 水をつけて両端をつなぐようにとめます。

 

5.《a》を鍋に入れて沸騰させ、④のギョーザを入れて2分ほど茹でます。

 

6.浮き上がったら 3分ほど茹でます。

 

7.ギョーザが茹で上がったら、器に盛り付けてアツアツの状態で召し上がってください。

お好みでラー油+酢や、スダチ、ゆず、ダイダイなどを絞ってつけても美味しくなります。
スポンサーリンク

【かぶの梅みそあえ】レシピ

大根やキュウリなどでも代用可能です。

材料

カブ・・・3個(300g)
梅干し・・・1個
みそ・・・大さじ1
ゆずこしょう・・・小さじ1
カブの葉・・・適量

作り方

1.カブは皮を厚めにむいて、くし形に8等分します。カブの葉があれば刻みます。

 

2.ボウルに3〜4切れにちぎった梅干し・みそ・ゆずこしょうを入れて混ぜ合わせます。

 

3.②にカブ・カブの葉を加えて 混ぜ合わせたら完成です。

スポンサーリンク

まとめ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

料理研究家の山脇りこさんが提案する【鶏ひき肉と春菊の水ギョーザ】と【かぶの梅みそあえ】の作り方でした。

ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました